パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

北朝鮮、韓国に対しGPS妨害電波を発信」記事へのコメント

  • 受信妨害するだけなのか、それとも滅茶苦茶な時刻情報や位置情報が表示されるように巧妙に電波照射してるんだろうか
    後者があれば凄いですが、前者でおかしくなる機器はGPS通信ができなくなることはない前提の元々おかしな実装しているのか、時計のクオーツが粗悪品だと思う

    • Re: (スコア:-1, オフトピック)

      by Anonymous Coward

      GPSからの信号の中には1秒をかなり正しく排出する機能があって、その辺の時計の載せてる水晶なんかよりもよっぽど正確なものを時計校正源として使っています。よって電波時計などと同様にGPS時計特有の、水晶なんかでは遠く及ばない正確さが失われる、という点はあります。
      それに自分は持ってないのでわからないのですがGPS情報から現地時間に合わせる機能などもあるのではないでしょうか?

      とはいえたぶんハッキングに近い電波など出せるわけがない(対応デバイスが多すぎて正確に妨害命令を出せない)ので受信妨害のジャミングだけかと思われます。

      • by Anonymous Coward

        対象となる機器の数は関係ないでしょう

        嘘の航法メッセージを流すってのはありそうだが
        他の衛星と差異が大きいものは弾かれるかな(受信機の仕様はそれぞれだろうけど)

        • by Anonymous Coward on 2016年04月06日 10時34分 (#2992801)

          >嘘の航法メッセージ
          無人機を捕獲するのに誤謬電波を流した某国の例もあったかと
          結構裏世界では普及しているのかもしれんて

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            #2992731 に書かれたように公開フォーマットである既存のGPS衛星のフェイク信号を作ることは困難ではない。
            GPSからの信号には信号の発信時刻と衛星の軌道要素の情報が入っている。
            受信側では発信時刻と受信時刻の差から衛星からの距離がわかる。
            なので発信時刻か衛星の軌道情報を偽れば無人機に自分の居る場所を勘違いさせることができる。

            ただし軍用ドローンや巡航ミサイルなら、エミュレーション不可能な軍用グレード信号を使うし、
            レーダー、光学、慣性などを組み合わせているので以上の方法では妨害することは不可能。

            無人運転車も画像による状況認識が主になるだろうから、GPSが死んでもお手上げということはないでしょう。

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...