パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Windows 7 SP1以降の更新プログラムをまとめたロールアップパッケージ(≠SP2)が公開」記事へのコメント

  • ZDNet Japan [zdnet.com]。

     Microsoftは、2015年5月にWindows 7向けに「convenience rollup」(利便性向上ロールアップ)をリリースすると約束していたが、その後は音沙汰がない状態が続き、一時は公開を見合わせる可能性についても示唆していた。しかし、結局は正しい行動を取り、この発売から7年が経過したOSに、一連のアップデートをまとめたロールアップパッケージをリリースした。

    一年前からの公約だったとは。それにしてもこれだけでもしごく大変ありがたい限り(統合済みの ISO ファイルもお願いします)なのだが、

     さらにMicrosoftは米国時間5月17日、「Windows 7 SP1」「Windows 8.1」「Windows Server 2008 R2 SP1」「Windows Server 2012」「Windows Server 2012 R2」に対する非セキュリティ更新プログラムを、毎月1つの更新プログラムとして提供する [microsoft.com]と発表した。同日のブログ記事によれば、「アップデートの信頼性と品質を向上させるため」に、今後はその月のすべての非セキュリティ関連修正内容をまとめた1つの更新プログラムを公開するという。

    Windows 10 の「累積的な更新プログラム」モデルを以前のバージョンの Windows にも提供するのか!(既存の個別モデルが廃止されるかまでは不明)とか

    • なんで非セキュリティ更新プログラムなんだろうか。セキュリティ更新プログラムこそ個別にインストールできるようにする必要がないものではないのか。

      と思ったけど今のMSならWindows 10関連の更新をしれっとセキュリティ更新プログラムに混ぜてくるとかやりかねないので8月以降によろしく。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        非セキュリティパッチを当てなくてもセキュリティパッチを適用できるって所がポイントなんじゃね?
        最低限必要なセキュリティパッチだけ先に適用して、非セキュリティパッチはしばらく様子見できる。

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

処理中...