パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

イタリア、子供に動物性食品を食べさせることを義務付ける法案」記事へのコメント

  • 動物の死骸は食べられないと言う健康に育っている子供にも無理矢理食べさせるの?

    • 親がそのように教育しない限り、3歳くらいの子供が「動物の死骸は~」とか言わんだろ。
      なお、動物性食品には肉だけではなくミルクやバターなどの乳製品も含まれる。
      親コメント
      • 牧場に育って、屠殺シーンを見すぎたためにベジタリアンになった女性(オーストラリア人)を知ってます。
        当然、牧場主の父親はOGビーフが大好きです。
        息子が「グッダイ」と言ったら下品だと叱りますが、本人は「オーカイ」と言っている気のいいオヤジです。

        その女性は、母が、野菜しか入ってないよう作ったが、間違えて入れてしまった、ちりめんじゃこを、すまなそうに分けて食べました。
        「ごめんなさい、好き嫌いで」とは言ってましたが、それからはより気をつけるようにしてました。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        記事の本文より
        > 法案が成立した場合、子供が3歳~16歳の場合は最長1年の実刑、3歳未満の場合は最長2年の実刑となる

        3歳くらいの子供を対象とした法案ではないみたいですが、なぜ3歳くらいの子供と限定するんですか?

        > 法案では菜食主義や絶対菜食主義には健康上のメリットがあることを認めた上で
        (中略)
        > 子供たちが親の菜食や絶対菜食に従った食事を摂ることは

        法案では、ヴィーガンだけではなく、ラクト・オボ・ベジタリアンのようなものも
        念頭に置かれているように思えるのですが、なぜ
        「動物性食品には肉だけではなくミルクやバターなどの乳製品も含まれる」と言うような
        絶対菜食主義的な定義を敢えて強調されているのですか?
        ミルクやバターや卵を摂っててもまだバランスが悪いって法案じゃないんですかね。

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

処理中...