パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

東京電力の施設で発生した火災により都内11区で大規模な停電」記事へのコメント

  • なんとなく百科事典風.間違いがあったら教えてください.

    oil-filled cable (or OF cable)
    油浸電力ケーブル.高圧送電ケーブルの1.
    中心から加圧した絶縁油を満たした金属螺旋パイプ(絶縁油は螺旋の隙間から出入りが可能),銅線,油浸絶縁紙巻,鉛被あるいはアルミ被,クッション材,金属被覆,プラスチック被覆.送電負荷の変動による温度変化で送電ケーブルが熱膨張/熱収縮すると絶縁体にボイドが生まれ,放電すなわち絶縁破壊を起こす.OFケーブルでは加圧した絶縁油によりこのボイドの発生を防ぐことによって高圧送電を可能にしている.1912年イタリアのルイージ・エマニュエリ (Luigi Emanueli) が発明.
    2016年10月12日の埼玉県新座市野火止の地下送電施設の火災はOFケーブルでの放電による火花が原因と考えられている.
    https://kotobank.jp/word/oil+filled+cable-1250325 [kotobank.jp]
    http://www.jeea.or.jp/course/contents/07101/ [jeea.or.jp]
    http://ejje.weblio.jp/sentence/content/%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%... [weblio.jp]

    --
    love && peace && free_software
    t-nissie
    • Luigi Emanueli oil filled cableでググるとRobert Monro Black著 The History of Electric Wires and Cables って本が詳しそう.特許が1917年? Emanuelli?

      --
      love && peace && free_software
      t-nissie
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      素人考えだと難燃性ケーブルにしろよと思うわけですが、絶縁優先なんでしょうがないってことですかね?

      • ニュースで聞くところによると35年モノだそうで、
        ちょうど絶縁油に最適だったPCBの製造・輸入禁止になってから5~6年後って時、
        まさか絶縁油にPCBが使われてはないと思うけど、逆にPCBほどの性能をもった絶縁油が
        その時点ではまだ無かったという事か?? それとも、

        そもそも35年も持たねーよ(ノД`)

        って話なんだろうか… 熱ストレスや酸化によって油は劣化するもんだから
        定期的に交換するものってイメージなんだが…(あくまで個人の感想です

        # 確かに絶縁紙交換となるとケーブル丸ごとかー(リンク先を見ながら

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2016年10月13日 15時14分 (#3096041)

          午前中から何度かあった電源のチラ付き。
          あれが絶縁破壊の実況だったんだろうか。

          午前中、瞬停でUPSがサーバーを落としたって連絡があり再起動した。
          午後にもまた同じ状況だと連絡が来てサーバーを見に行こうと移動している間に、いきなり落ちたんですよね。
          照明が落ちた中で点々と灯っていた非常電源が異様さを演出していたなあ。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          質問です。
          『PCBほどの性能をもった絶縁油』が現在は有るのですね?

        • by Anonymous Coward

          絶縁油は両端からポンプで加圧しています。
          だから破れて燃えだすと「燃えているところに燃料を補給する」状態になってしまうとか。
          #「メタルカラーの時代」のどこかでこの辺の話があったような

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...