パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

なぜ日本の自動車メーカーはCVTが好きなのか」記事へのコメント

  • 最近のは良く知らないが、
    ATだと、予期しないギアチェンジが好きじゃない。
    坂道なんかを加速しながら、登っていくと、突然、ギアチェンジでパワーダウン、、
    なんてのが、ATだとあった。 CVTだとそれはない。
    MTだと自分でコントロールするので、タイミングは予測可能。
    なんで、CVT OKになった。

    まあ、ゴーカートと言えば、ゴーカートではあるが。
    電気自動車はもっとそうなのだろうかと思うが、まだ、運転したことがない。

    • by Anonymous Coward

      ATは、「減速時」と「急な登り」ではギアチェンジが必要と考えます。

      元々MTが長かったのですが、初めてAT買ったとき、ディーラーの人から
      「OD(オーバードライブ)に入れたら、一切ギアチェンジ不要です」と言われ
      「ウソだろ」と思いましたが、やっぱりウソでした。

      ・減速時は、ギアを落とさないとエンジンブレーキがかからず危ない、
       ブレーキライニングが減る!!
      ・登りでは、上のコメントの方の仰る通りの事が起こる前にギアダウン必要。

      たまたま期せずして今年の春からCVT車なんですが、こちらは上のギアでも
      ATよりはエンジンブレーキがかかってる感じがしますね。
      で、急な下り坂でギアを落とす以外、ギアチェンジしなくなりました。

      年齢を重ねるにつれ、運転操作が面倒になってきた、という意味でCVTは歓迎。

    • by Anonymous Coward

      > 坂道なんかを加速しながら、登っていくと、突然、ギアチェンジでパワーダウン、、

      そんな状況が起こりそうなのは高速道路の上り坂くらいだと思うけど
      アクセルの踏み具合からすると必要な速度に達したし更なる加速を要求されていないから
      シフトアップしても(結果としてパワーが足りなくてスピードが落ちても)大丈夫と
      車に判断されたんだろう。

      アクセルはスピードを指示するものではなくて燃料の供給量を指示するもの。
      シフトアップせずに上り坂でも加速を続けて欲しければもっとアクセルを踏みましょう。

      • ATで高速は走った事は無い。
        山のふもとなので、上りが長かったりする。
        まあ、理屈は分かるが、タイミングが分からないのが困ったものだった。
        # それほど、ATを運転もしてなかったが。

        > アクセルはスピードを指示するものではなくて燃料の供給量を指示するもの。
        制御用CPUに加速の具合の指示を与えるものでしょう。
        昔のMTならば、バルブに直結で、燃料の供給量指示だったでしょうが。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          > 制御用CPUに加速の具合の指示を与えるものでしょう。

          アクセルの踏み込み量を固定した場合、平地から坂道に差し掛かっても
          速度が落ちないように勝手に燃料供給量を増やす制御をしている車がある?
          (オートクルーズみたいのは除く)

          • by Anonymous Coward

            ディーゼルはガバナによりエンジン回転数が下がると燃料供給量を増やします。

            CVTは坂道で車速が落ちだすとギア比を下げてエンジン回転数を上げます。
            すると当然時間あたりの燃料供給量が増えます。

            ちなみにATやMTも、車速が下がるとエンジン回転数が下がる為、吸気圧が上がってサイクルあたりの燃料供給量が増えます。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...