パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Samsung、量子ドット技術を手がけるQD Visionを買収。量子ドットディスプレイを強化へ」記事へのコメント

  • 部門名 (スコア:2, 参考になる)

    by Anonymous Coward

    > そんな技術があるのか 部門より

    「量子ドットディスプレイ」って、液晶ディスプレイのバックライトを冷陰極管からLEDにしただけのものを
    「LEDテレビ」と呼んでいるのと同じで、バックライトに量子ドット技術を使った蛍光体を用いているだけの
    ただの液晶ディスプレイよ。
    量子ドット蛍光体はLEDよりさらにスペクトル幅の狭い光を出すので、その分彩度が高く無駄に費やされるエネルギーも
    減らせる。

    だから、

    QD Visionが持つ量子ドットディスプレイ技術では液晶などの従来技術より鮮明な発色を実現でき

    • もっと正確に言うと,商品化されてるのは量子ドット光学シートであり,現時点ではフィルター技術ですよねえ。
      日本勢はもともとこういったフィルター技術にチカラを入れて差別化をしてたので,
      故に,あまり量子ドットにチカラを入れてないご様子。

      あまりそちら方面でチカラを入れてこなかった(必要性がなかった)
      サムスンが手っ取り早く買収した,って感じですかね。
      大型有機ELが頓挫した今となっては,液晶で高画質化を狙う必要も出てきたとか,そういうので。
      これで困っちゃうのはLGとか中華系ぐらいっすかねえ。

      ハーマンに比べれば現実に即した買い物かと。
      • by Anonymous Coward

        日本メーカーも力を入れてなかった訳ではないようです。
        4年くらい前のショーまででは量子ドットフィルターも参考展示してたはずです。
        でも、値段が高い割に直下駆動バックパネルに対するメリットが見えないのでやめました、という段階になってサムスンやLGが量子ドットを全面に押し出して展示してたはずです。

        画質で言えばソニーのバックライトのLEDだけで白黒の動画が見られるやつに敵うわけないし
        コストなら量子ドットなんて使わない方がいいので
        今となってはどっちつかずの半端者だけど、名前がなんか凄そうだからカタログにデカデカと書いてハクつけて凄そうに見せるには良い技術でしょう。

        • by Anonymous Coward

          > 画質で言えばソニーのバックライトのLEDだけで白黒の動画が見られるやつに敵うわけないし

          これ、何の話?

          • by Anonymous Coward

            これです
            http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-Z9D/feature_1.html [www.sony.jp]
            エリア駆動の一番凄いやつ
            これ以上分割を細かくしないのは、人間の眼球の性能の限界だそうです。
            http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/738075.html [impress.co.jp]
            >担当者の説明によれば、人間の眼球では、角膜に入射した光が水晶体内で拡散したり、眼球内部で迷光現象が起きるために、エリア駆動の分割数をピクセル単位にせ

            • それはコントラストを上げる技術、今回のは色域を広げる技術。
              方向が全く違うものを比べてもしょうがないだろう。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                理屈はともかく現実問題として無駄な技術ではあります。
                この記事の新世代バックライトシステムのハイエンドがこれですね。

                http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/683147.html [impress.co.jp]
                >もともとTRILUMINOUS Display技術でQD Visionの量子ドット技術を採用していたソニーは、現在はこの技術から卒業して新素材白色LEDの採用に踏み切った。
                >ソニー関係者に話を伺ったところでは、「コスト的に高く付く量子ドット光学シートをあえて使わなくても、同等の広色域は新世代のLEDバックライトシステムで実現出来る」とのことであった。

                >シャープも同様で、CESのブースでは量子ドット技術の展示も行なっていたが、関係者によれば「実際にはそれほど本命視はしていない」とのことであった。

              • by Anonymous Coward

                無駄ではないなぁ。
                SHARPは

                具体的には「青色LED+新赤蛍光体素材+新緑蛍光体素材」の白色LEDバックライトがBT.2020色空間カバー率80%なのに対し、
                「青色LED+マゼンタ蛍光体素材+緑蛍光体素材」の新型白色LEDバックライトでは同85%を達成しているという。

                というが、量子ドットでは 93%までいける [sid.org](PDF)そうだから。
                SONYの方は具体的な数字を出していないので比べられないが、LEDはSHARPが自分達で開発しているメーカーであるのに対して、
                SONYは所詮アリモノを他から買

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...