パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

沖縄県で空中給油中のオスプレイにトラブル、名護市沿岸に不時着水」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    1発死んでも飛行を続けられるように設計されていると聞いたことがあるが、
    オスプレイはそういうものではなかったのかな?

    • by Anonymous Coward on 2016年12月15日 12時52分 (#3130428)

      エンジンが片方死んでも飛べるみたいだけど、プロペラ破損では不安定すぎて安全な着陸は
      無理なんじゃね。VTOLだし。ヘリもエンジンが死んでもオートローテーションで降りられるけど、
      ローターが壊れたらお手上げだと思う。

      陸地に落ちると被害がでるし、海のど真ん中に落ちると救助が間に合わんかもしれん。
      浅瀬に落ろすのが最善だと判断したのでは。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        エンジン壊れても…とかよく言うがなんでバランスとれんのよ、
        と思っていたが他レスによるとプロペラがつながってて…とかいう話なのね。

        するとプロペラ壊れるとやばいのか…まーバランス悪いのは確かだわなぁ

        落ちる場所をコントロールと言う意味ではかなり狙った/狙えたんだろうね。
        無理して基地に戻ろうとして陸上に落ちるとかに比べれば、
        まぁ(当然期待される程度はあるが)立派なパイロットでしたと言えるとは思う。

        派手にぶっ壊れてたのは着水してから波で壊れた、とかなんかな。
        着水時点であんな壊れてたら死人でてそうだ

        # しかし「プロペラ」なのか「ローター」なのか…角度?

        • by Anonymous Coward on 2016年12月15日 14時24分 (#3130500)

          落ちるまで無事だったものが波で壊れるというのは基本的に考えにくいですね。
          なんか今朝あたりからそういう妙な話を見かけるようになったんですが何やら軍事評論家だかが言ったらしい?

          機体が木っ端みじんに壊れた原因はほぼ100%着水時の衝撃と考えていいと思います。
          航空機(固定翼機)というのは空中にいる限り絶対にこれ以上のスピードは出ていないと死ぬという速度(失速速度)があり、これを下回ると翼は即座に揚力を失い真下に「べたーん」と落ちて死にます。この速度は機体の状態によりますオスプレイの失速速度は知りませんけどまあざっくり時速100キロとかの世界です。
          また航空機は船舶と違い「波を切れる船首」がありませんので猛スピードで着水すると同時に前方から凄まじい造波抵抗を受けることになります。
          これらにより、航空機が水上に五体満足で降りるのは非常に難しいです。大抵はグシャっといきます。

          逆に一旦水上に降りてしまえばちょっとやそっとの波でどうこうなるほどヤワではないです。
          壁とかは結構ぺらぺらなんですけど、フレームは数百キロでカッ飛んでいる間の膨大な加重に耐えるためメチャクチャ頑丈に作られています。
          飛行中に何かあたると木っ端みじん!みたいなイメージあるかもしれませんが、それは飛んでること自体が凄まじい負荷なんです。
          まあ着水した後は普通は(台風で風速50mとかでないなら)折れる心配より沈む心配をした方がいいですね。

          今回のケースはたまたまコックピット部分が無事だったのがラッキーだったというのに尽きると思います。あそこは結構頑丈に作られてますから。
          逆にキャビンは完全に木っ端みじんなので、作戦行動中でキャビンに輸送中の兵士がいたりしたら大惨事でした。

          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2016年12月15日 15時31分 (#3130541)

            とりあえず「クラッシャブル構造」でググってこい
            意図的に(不時着時の運動エネルギーを吸収するため)機体を破損させるのは最近では普遍的な設計
            スッカスカの知識で適当言ってるの恥ずかしくないか?

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              航空機で墜落時にキャビンを優先的に破壊することで衝撃を和らげる(作戦時はキャビンに屈強の海兵隊員が20人ほど乗るので更に効果的に衝撃を吸収する)という今話題のユニバーサルメルカトル構造ですね!

            • by Anonymous Coward

              海水に浸かって丸洗いできる機能だろ

            • by Anonymous Coward

              ググってみたら「そんな構造は航空機には存在せず日本のネトウヨが突然言い出したものが何故かネトウヨの間でだけ信じられている」ということが分かりましたが本当にググってみましたか

              • by Anonymous Coward

                「そんな構造は航空機には存在せず」はウソ
                一部旅客機で既に採用されている
                ただ軍用機については不明
                そもそも軍事機密に関する情報が一般にそうそう流出するわけがない
                つまりオスプレイにクラッシャブル構造は根拠に乏しい話だとしか言えない

              • by Anonymous Coward

                +ネトウヨでググったんですか?w

              • by Anonymous Coward

                一部旅客機で採用されているソースはどこ?

              • by Anonymous Coward

                結局クラッシャブル構造も旅客機で採用されてる説も全部妄想かよ

              • by Anonymous Coward

                ネトウヨの酷さばかりが目立ったエントリでした

            • by Anonymous Coward

              #元ACじゃなけど
              ああ、車じゃもう当たり前になってる、衝突時にエンジン部をつぶす=衝撃を吸収させることで
              乗車部へのエネルギー伝播を少なくするあれと同じものか。
              考えればあり得る話だが、自動車以外でも積極的に採用されているとは気付けなかった。
              (wikiediaでも鉄道車両の例が引き合いに出されてるし、そうだよな)

              • by Anonymous Coward

                一般的な航空機にはそんな仕組みは採用されてないよ
                潰して良いスペースなんてものが基本的に存在しないし、モノコック構造の一部をわざわざ脆く作ったらそこから空中分解しかねない
                ネトウヨ専用航空機では何故かクラッシャブル構造なるものが採用されているらしい(12/14にある人物がソースもなく唐突に言い出した)けど、どうやら兵員輸送用のキャビンはクラッシャブルで構わない部分らしい

              • by nekopon (1483) on 2016年12月16日 10時49分 (#3130977) 日記
                海兵隊員は許可なく死ぬことを許されない! たとえキャビンが崩壊してもだ!
                親コメント
              • by Anonymous Coward

                そのために死霊術師が控えています。

            • by Anonymous Coward
              オスプレイがクラッシャブル構造かどうかは知らんが、仮にクラッシャブル構造だとしたらその設計どおりにCrashしたんだよね
              次は君が英語辞書引く番だけど、親切だから貼ってあげよう

              crashとは
              主な意味
              ガラガラ、ドシン、ガチャン、(飛行機の)墜落

              • by Anonymous Coward

                クラッシャブルはcrushableやで!
                crush=押しつぶす
                積極的に潰れるようにする、ってこと

                なお一部ネトウヨが(本来の航空用語である)クラッシュワージネスという言葉を知って「やっぱりクラッシャブルなんだ」とか言ってるけど、クラッシュワージネスはcrashworthinessでこちらは衝撃性のこと。crashとcrushで違うし接尾語は意味が反対や

          • by Anonymous Coward

            評論家と関係ないで、ニュースでチラ見したらビックリなバラバラだったのと死者が居ない、
            っていう話からの素人考えですよ。

            失速するような支障でもなかったようやしちっとは穏やかに降りたんかと思ったが、
            言われてみりゃ確かに波であんなバラバラにはらなんかな…一日だしなぁ。

            しかしまーそうなるとよく死んでないもんだな。
            死んでたらどうだったかと考えれば生き残ったという事で米軍的には確かにヒーローかもわからんw

        • by Anonymous Coward

          他でもでているがエンジンではなく推進装置、今回の例で言えばプロペラが片方破損した場合でもほかが最悪一個でも生きていれば飛べる。もちろん推進装置一個で最低限の推力を確保できる場合に限られるし訓練してなきゃできないが。
          プロペラが片方止まっててなんでバランスなんで取れるかって?姿勢制御をパイロットが頑張るとかコンピューターが頑張るとか色々。
          ジェット戦闘機はエンジンのレイアウト上片方のエンジンが塞がっても飛行維持は簡単だろう。敵に見つかったら即死だが。

          • by Anonymous Coward

            いや流石にペラ片肺でヘリモード対空は無理だろ。
            エンジン片肺ならヘリモード対空もできかもしれんが、ペラ片肺じゃどうやってもバランス取れん。
            飛べるなら航空機モードのときだけだろう。

            • by Anonymous Coward

              横からだけどオスプレイは元々エンジントラブル時には航空機(固定翼)モードが基本。
              どうせオートローテーションしない設計だし固定翼モードならいざとなれば滑空もできる。元コメも固定翼モード前提で話してると思う。

              ただ、オスプレイは片方の「エンジン」が止まってももう一方のエンジンからバイパスして両方のエンジンを無理矢理回す(出力は下がる)モードはあるんだけど、片方の「プロペラ」が失われた時の片ペラモードがあるのかどうかというのがなにげに資料がない。
              プロペラがちょっと(?)大きい二発ターボプロップと見なせば片ペラでも飛べそうだけど、固定翼モードでも半分ツインローターとの合いの子的なとこもあるので、実際どうなんだろう。
              ただ二発ターボプロップと見なした場合でも、プロペラのダメージによってもしフェザリングできない状態になっていたら厳しいと思う。フェザリングというのは止まってしまったプロペラのピッチを風に対して平行に(つまり縦に)向けて空気抵抗をなくすモードで、これができないと故障したプロペラは推力ゼロどころか膨大な空気抵抗を発生させてしまう。

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...