パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

沖縄県で空中給油中のオスプレイにトラブル、名護市沿岸に不時着水」記事へのコメント

    • by Anonymous Coward on 2016年12月15日 14時35分 (#3130509)
      日本人は大変奥ゆかしいから、婉曲な表現を好むんだよ、いわば日本の伝統芸。

      敗戦   → 終戦
      占領軍  → 進駐軍
      性奴隷  → 慰安婦
      児童売春 → 援助交際
      撤退   → 転進
      全滅   → 玉砕
      避難   → 疎開 
      職安   → ハローワーク
      便所   → お手洗い or 化粧室
      墜落   → 不時着  new
      親コメント
      • by northern (38088) on 2016年12月16日 9時06分 (#3130918)

        年金受給不安 → 100年安心

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        戦闘 → 衝突
        年金支給減額 → 世代間格差是正
        叩き潰す → 寄り添う

        他にもいろいろありそうだ。

      • by Anonymous Coward

        強姦 → 暴行

    • by Anonymous Coward

      これ調べてみたけど
      NewYork Times は Crash Landing = 不時着 だし
      国防省に至っては Land = 着陸 でした。

      左の人は嘘つくのやめないとさすがに信用なくすってことを覚えた方がいいと思う。

      • Re:言い方 (スコア:3, 興味深い)

        by Anonymous Coward on 2016年12月15日 13時16分 (#3130454)

        Crash Landingは日本語の不時着とはちょっと違うかな。不時着しようとしたけど大破しましたテヘペロみたいなニュアンス。
        日本語の不時着はかなりセーフ寄りのニュアンスなのでEmergency Landingの方がニュアンスが近い。
        そしてさすがに水に落ちて大破してるものを正常なLandingを呼ぶのは強弁感ある。それはさすがに陸に降りた時に使う言葉だ。

        親コメント
        • でも墜落はなんか違うよね。
          ちょっとずれるけど、胴体着陸を墜落と言って正しいのか?って事でしょ。
          #ほぼLost Controlって状況じゃなかったわけだから

          日本語にCrash Landingを端的に表す言葉がないってことだから、
          「不時着大破」とか「破損着陸」とか「着破」とか「(機体)着壊」とか、そんな感じ?

          • by Anonymous Coward

            今回のケースはプロペラ破損して海にドーンで機体バラバラだから日本語のニュアンスは墜落に近いかなぁ
            死者0もキャビンに「客」が居なかったのが大きいし
            エチオピアのハイジャック事故なんかは日本語だと墜落事故扱いらしいし
            若干政治的な配慮があるのは否めないですね

          • by Anonymous Coward

            > 水に落ちて大破してるものを正常なLandingを呼ぶのは強弁感ある。
            これは「水に落ちてるんだからどう言いつくろってもLandingじゃなくてOceaningだろ」と言ってるんかと思った。
            > それはさすがに陸に降りた時に使う言葉だ。
            と続いてるわけだし。
            …え、違うの?

          • by Anonymous Coward

            なんとなくだけど、故障した機体をパイロットの制御下で着陸を試みたのが不時着で
            そもそも機体がパイロットの制御下に無い状態で着地したら墜落と思ってた。

            • by Anonymous Coward

              日本語の場合、それで合ってると思うけども。

            • by Anonymous Coward

              一応日本語での区分はそれであってると思う。
              というか日本語には単語が足りてないんだよね。
              着陸態勢を取ってたけど一瞬バランス崩して乗員乗客300名全員死亡は不時着と表現するのが適切なのかってのもあるし、
              そもそも的には、離陸失敗で爆発炎上とか、EmergencyでないLandingでオーバーランして住宅街に突っ込んで全員死亡とか、空中衝突事故とか、地上衝突事故とか、
              不時着でも墜落でもなく「航空事故」みたいなすんごいふわっとした単語しかない。
              その点英語は航空機の大破事故=Crashなのでまだ分かりやすい。

        • by Anonymous Coward

          まぁ日本のメディアだと山中にぶつかって大破しても「不時着」と表現するみたいですから、ちゃんとコントロールされて落ちたなら不時着扱いなんじゃないですかねー?
          グライダーが乗鞍岳に不時着し大破 男性2人を救助 [tv-asahi.co.jp]

        • by Anonymous Coward

          水に落ちて大破じゃないみたいですよ。
          水に降りた後放置したら波で砕けたみたいな感じ。航空機ってけっこうモロいからね…。
          不時着直後の写真が出てるみたいですが、原型保ってます。

          まぁ正常なLandingじゃないけどねぇ。

          • by Anonymous Coward

            無傷で水に落ちてから波で壊れたんだ!説もここ数日の日本のネットの一部でしか言われてない珍説ですね・・・。
            鳥人間コンテストじゃあるまいし、航空機のフレームが何トンの加重に耐える設計だと思ってるんですか。
            外皮はアルミ箔の親玉みたいなものなので波で裂けて浸水することはままありますが、骨格部分は複合素材でできた鉄骨だと思って下さい。あなたの想像している何百倍の強度がありますよ。

            着水直後の写真は「集まっている」だけです。

            • by Anonymous Coward

              航空機のフレームって正常な状態じゃないととても弱いんだけどなぁ…。
              岩場に座礁した胴体内に水が入って揺すられたら胴体裂けるよ。

              軽量化してるから、設計通りの使い方なら頑強だけど、それ以外にはモロいもんです。

              • by Anonymous Coward

                モノコックが崩壊してたらその後も崩壊進むけど、そもそもモノコックが崩壊してる時点で「無事に着水」できてないだろ。

              • by Anonymous Coward

                君がどのくらい弱いと想像しているのか分からないけど、戦車や軍艦に比べたら弱いけど、バスよりは頑丈だよ
                壁は薄いジュラルミンだから力が掛かると裂け目ができるくらいは起こるけど、頑丈な骨格があるから、形を保っていたものが波の力くらいでバラバラになったりはしない
                航空機のフレームをただの風船と勘違いしてないかい?

      • by Anonymous Coward on 2016年12月15日 19時13分 (#3130700)

        Google Newsで「Osprey」と検索するとほとんど「Crash」です。
        墜落ではないと言ってるのは米軍とそこから話を聞いた日本政府くらいのもんですよ。

        ※米軍はもともと死者が出るような事故でも墜落といった言葉は使わないようにしているようです

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          「Crash」って「墜落」という意味なのか、「大破」という意味かはどう区別すればいいのか?
          というかリーダーズやジーニアスの辞書だと「Crash」って墜落、不時着の両方の意味が書かれてるのだけど…。

          どうやってGoogle Newsでヒットした記事の「Crash」って意味を特定したのか教えてもらいたいなぁ。

    • by Anonymous Coward

      不時着か墜落かの論争に全く意義を見いだせないのですが何かあるのでしょうか。
      どちらにせよ法的な用語ではなさそうなので責任の所在が変わるわけでもなし。

      そもそも、政府の用語法として着陸時に制御を行えていたか否かを基準に不時着・墜落の表現を使い分けているようですが
      ネットで騒いでる方々は大破しているのだから不時着ではないというようなそもそも反論にもなっていないことを挙げていますし騒ぎたいだけなのではという気しかしません。

      • by northern (38088) on 2016年12月15日 22時04分 (#3130786)

        科学技術がメインのサイトなんだから、定義が曖昧な表現は避けるべきだよな

        「オスプレイが海に墜ちてバラバラになった。」

        これが現象を正しく捉えた言葉

        親コメント
      • Re: (スコア:0, 荒らし)

        by Anonymous Coward

        政府筋による印象操作が問題になるよね。

        墜落なら皆にとって危ないが、不時着なら何とか事故を免れた印象を受ける。
        オスプレイは危険だと不安、批判が強い中、墜落といえば政府にとってとても都合が悪い。

        今回のが不時着か墜落か微妙だが、正確に言えば不時着を試みて失敗したってことだろう。
        すなわち、墜落な。

        不時着とは予定外の時間や場所に着陸することで、着陸したからには修理等を施せばまた飛べる。

        今回、不時着水と表現したマスゴミもあるが、着水は飛行艇のように離着水できる航空機での話なので、オスプレイは水上に浮かぶ機能はないから着水ではないんだよ。

        このバラバラになった機体を集めて組み立て、また飛べるようになるなら不時着だと堂々と言っていいと思うよ。

        • by Anonymous Coward

          >不時着とは予定外の時間や場所に着陸することで、着陸したからには修理等を施せばまた飛べる。

          へー、これ修理したら飛べるんですね。
          https://ja.wikipedi [wikipedia.org]

          • by Anonymous Coward

            これだったら直せばまた飛べるよね。

            直せるけど直しても機体への不安が残るから旅客機としては使いにくいし、保険で買いなおせるから買いなおしちゃうだけ。
            1549の場合は美談になってるから記念として博物館展示になっただけ。

            実際に海に不時着した旅客機でも引き上げて修理して普通に使われた機体もあるよ。

            「墜落」したオスプレイの機体はバラバラになってて、修理不能。

            • by Anonymous Coward

              170mphで水上とはいえ胴体着陸かまして、挙げ句に一度浸水・水没かました機体のフレームが修理可能とか馬鹿じゃねーの。
              修理というより一部の部品は再利用して再建しました、がいいとこだ。

              #物理的な可能・不可能で言えば可能かもしれんが、どこがどれだけ歪んだり構造材レベルでダメージ受けてるかわからない機体の修理とか、普通に新造するより遙かに高くつくよ

        • by Anonymous Coward

          今回、不時着水と表現したマスゴミもあるが、着水は飛行艇のように離着水できる航空機での話なので、オスプレイは水上に浮かぶ機能はないから着水ではないんだよ。

          はい嘘。 USエアウェイズ1549便不時着水事故 [wikipedia.org]とか有名だけど、エアバスA320には離着水する機能なんてない(不時着時にある程度浮くようにはなっているが、少なくとも水上から離陸とか無理)
          お前さんの中で勝手に「着水は飛行艇のように離着水できる航空機の話」と決めつけたところで、世間一般の言葉の使い方と乖離している以上、そんなものを振り回すのはやめてくれ。なまじ日本語っぽく書いてあるから余計ややこしいじゃないか。

        • by Anonymous Coward

          不時着は予定通りの着陸だったかどうか、墜落は接地(接水)の形態を表すだけ。
          どちらかしかない、というような議論がそもそもおかしい。

          まず不時着をする意思があったのかどうか。
          不時着を試みた結果失敗したのなら、どのように失敗したのかという話になり、
          それが墜落だったのか、ハードランディングだったのか、ハードランディングの結果機体は損傷したのか、という話になる。

          現時点で明らかなのは、機体は大破、乗員は5人救助、2人負傷、ということだけ。墜落かどうかは分からない。
          ただ、機体が制御できていない状態で地面(水面)に衝突(=墜落)して、乗員が全員生存しているということは通常は起こらないと思う。

          それと、水の上に降りようとしたのなら水上機じゃなくても着水といっていい。
          もちろん着水に成功したかどうかはまた別の問題。

      • by Anonymous Coward

        着水後にローターが水面をたたいて機体が損傷したと考えちゃいけないんでしょうか。

    • by Anonymous Coward

      「落水」かなぁ。壊れたんだし
      スマホと一緒で落水でいいよ。

      #どうせオスプレイは防水仕様じゃないんでしょ。

    • by Anonymous Coward
      内容そのものより、自らの基準で不時着と墜落に分かれてる米国メディアに比べて
      判で押したように政府見解の不時着で統一されてる、ジャップメディアの気持ち悪さがすごい
      こんなマスコミばかりなら楽なのになって、いまごろアメリカ政府も羨んでたりして

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...