パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

日本の科学技術振興予算はもう増やせない」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 8時51分 (#3142612)

    どうせ現在もこの国の予算は税収だけでは全く足りず、他国から見たら「狂ってる」といわれるほど国債を発行して補填しているありさまじゃないか。
    何をいまさら良い子ぶって遠慮する必要がある? 開き直ってアレもコレも国債でまかなえばいい。

    国債=将来世代からの前借りだから、今後少子高齢化・人口減少が進むこの国でもはやこのような放漫財政はもたない、ハイパーインフレが起きる!…なんて悲観論も聞かれるけど、無視していい極端。
    いくら人口減るっていったって、ゼロになるわけじゃなし。
    今やめて破綻したら、将来世代だって困るのだから。

    インフレ、大いに結構。 デフレよりよっぽどマシ。
    コントロールする術はいくらでもある。ハイパーインフレなんて起きようがない。

    • インフレになれば物価上昇以上に収入が増えるの?

      収入が増えないのに物価だけ上がっていくのも地獄なんだけどさー

      コントロール出来る術はあるけどマトモな手は一つもないって話なんじゃない??

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 10時39分 (#3142678)

        どうせ無利子だからと、インフレを期待して奨学金返済を30年払いにしたら、とんだ見当外れだった。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          インフレを期待して借金して家買いましたけど、こちらも見当はずれでした。

        • by Anonymous Coward

          繰り上げ返済で1割おまけって、今はもう無いです?

      • by Anonymous Coward

        リフレ政策もアベノミクス、クルーグマンも既に時代遅れになってしまった。
        今はFTPLがオシャレらしい。

        現実的に、人口動態と選挙を考慮すると、増税や支出削減でプライマリーバランスを取るのは実質不可能。
        なので今は見えづらいところで増税してるけど、焼け石に水。
        それよりもFTPLの理論に従って、大減税とかでPB守る気がないことをアピールして
        強引にインフレを起こして、年金や医療費などの将来債務をカットする方向に持って行く。
        その際には大騒動になるので、破綻を防ぐ方策だけは用意する。
        15%のインフレを10~15年続ければ、リセット後の再スタートができるでしょう。
        現役~将来世代には今のままよりも良い世界になるはず。

        インフレ率を制御できるか、破綻を押さえ込めるか等は大冒険だけどね。

      • by Anonymous Coward
        物価は収入と生産性の和だから、収入が増えないのに物価だけ上がっていくならば、それはあなたの生産性がガンガン下がっているということだよ。まず生産性を上げよう。例えばニートやめて就職するとかな。
      • by Anonymous Coward

        収入はともかく、借金が(相対的に)減るからインフレさせたいんだろうなぁとは思う。
        ビッグマック2兆個分の国債も、200%のインフレなら1兆個分に減る。

        25%程度のインフレを継続し続ければ、国債を発行しつつ借金を減らせる算段だったのでしょう。

        #だいたい140年後ぐらいには、日本の借金はビッグマック1個分になります。
        #その時のビックマックは1個、2京7000兆円也

    • by Anonymous Coward on 2017年01月12日 11時51分 (#3142728)

      お金の集め方を間違ってたわけですね。
      要は「国債を買う(買える)人/法人」=「カネ持ってる(出せる)人/法人」なわけで、そこに適正な税負担をお願いする代わりに、そこからお金を借りちゃった。
      国債を買ってくれる=カネを貸してくれるってことは(全部が全部じゃないにしても)カネが余ってるってことだから、担税力は有り余っているわけでね。
      税金として取っちゃえば直接返す必要もなければ利子もないのに、利子まで付けてやるなんて何てアホらしいことか。
      それこそ(赤字国債出す前、或いは百歩譲って赤字国債の初期の頃のように)短期的に足りない分をちょこっと、とか、(まともに返すアテのある)建設国債のようなものならまだしもね。

      言ってみれば、再分配の逆をやって富裕層に(時間を掛けて)お金を集めてる=富裕層の財テクに補助をしているわけで、そりゃぁ格差も広がろうというもの。
      (破綻させて国債を紙くずにする気がないのであれば)またさらに国債を刷るなんてのは愚の骨頂な気がしますね。
      担税力のある層に増税(国外脱出できる人はどんどんしてくれていい。大丈夫。そんな非国民(笑)なんかいなくても日本/日本人はスゴイんだし、無償の愛国心にあふれた国なんでしょ。笑)のほうがずっと現実的でしょうね。

      そろそろアメリカなんかでも気づき始めた人もいるようだけど、格差を拡げると、最初は(機会が多く用意されているときは)アメリカンドリーム的なものもあって全体的にも上向くんだけど、
      社会が成熟してくる(仕組みが固まってきてチャンスが減ってくると)と、格差を縮小したほうが社会は安定するし全体的な成長も見込めるって考え方をしてみても良いと思うなぁ。
      実際、賃金をアップしたり、社員の待遇を改善することで会社の成長につながったぞ、という話がちらほらどころかそれなりの頻度で聞こえてくるようになってきているしね。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        政府が社会保障を担う代わりに、企業に担わせて、そのかわり企業にエサを与えてるのよね。
        健康保険も、年金も、税金計算(年末調整)すら企業にやらせてる。
        そしてゾンビ企業が傾いたら、わざわざ助けてやって。

        その背景には、たぶん「大きな政府なんてとんでもない」というリベサヨがいる。

        • >その背景には、たぶん「大きな政府なんてとんでもない」というリベサヨがいる。

          それは、リベサヨじゃなくて、ネオリベです。
          左翼的な政策や思想の一部に共鳴していたとしても、左派ではないと思いますよ。
          左派は、基本的に公による富の再配分でも、「上から下へ」を重視していますし、ネオリベの言う「大きな政府批判」や「財政緊縮路線」に基本的には反対です。

          この手の「大きな政府批判」の人達は、どちらかと言うとネオコンとかの右派に近いと思いますよ。歴史的経緯から。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            あなたリベサヨの代表格じゃん。増税にも、公務員を増やすのにも反対という。

            • 私はどちらかと言うと社会民主主義とか共産主義に近いので、公務員は大幅に増やすべきだと前から考えてますよ。
              後、国会や地方議会の議員も、二倍以上に増やさないとダメだと相当前から考えてる。
              増税にせよ、福祉や教育などでマトモに国民全体に返ってくるなら増やしていいけど、日本の場合は増やした分が金持ちとか投資家とか大企業といった、元から資産も金を稼ぐ手段も十分に持ってるようなごくごく一部の人達に対する優遇策で消えちゃう状態なんだから、ダメですよね。と言う考えですが。

              • by Anonymous Coward

                では北欧のように、マイナンバーで誰が金持ちか、そうでないか、はっきりさせましょう。

              • by Anonymous Coward

                社会民主主義と共産主義を一緒にするなよ。共産主義ではリベラルの正反対で、あなたが主張するような言論の自由も存在しない。
                ルーピーのように、その場の思い付きで考え言ってるだけじゃね?

              • 私の理解として、「マルクスが提唱した共産主義」と、「スターリンや毛沢東が言っていた共産主義」は、呼び名は同じだけど全く違うものとして理解してて、私が言ってるのは「マルクスの共産主義」です。

                社会民主主義は、冷戦期の資本主義陣営国家の中の社会主義・共産主義勢力に於いて、ソ連型の「社会主義」「共産主義」が余りに人々を抑圧・搾取する構造になっていて間違ってるという立場から、資本主義や民主主義の手法や概念を大胆に取り込んだ社会主義であって、実は、共産主義の実装系としては、マルクスが提唱していた「共産主義の前段階としての社会主義」に一番近いと言っていいでしょう。

                # マルクスの資本論の入門書とかをざっくり見ると、ソ連や中国の標榜する共産主義が全く違うということがわかるかもしれないし、わからないかもしれない。

                なので、私の中では、スターリンや毛沢東などの言ってる共産主義と言うのは視野になくて、そうではないところで見ているということですね。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                え、マルクスってプロレタリア独裁ですけど。。
                「共産主義が完全に達成された段階において、ようやく大衆には、民主主義が与えられるであろう」
                「今はまだ過渡期、共産主義の前段階であるから、お前らに民主主義は時期尚早である」

          • by Anonymous Coward

            リベサヨ [hatena.ne.jp]というのは、実質的なネオリベ別動隊だからあってる。

            左派を自任しながら国家権力の介入を嫌悪するあまり新自由主義(ネオリベラリズム)に近づく層。濱口桂一郎の造語。

    • by Anonymous Coward

      日本の国際依存度は割と普通

      • by Anonymous Coward

        日本の国債依存度はいつ破綻してもおかしくないレベルだが、国債の海外依存度が低いのは救いだろうな。

        • by Anonymous Coward

          逆に 国内でまかなえてしまうから、ここまで膨らんじゃった。
          救いというより、先延ばしに次ぐ先延ばしで深刻化してしまった。

        • by Anonymous Coward

          >日本の国債依存度はいつ破綻してもおかしくないレベルだが、国債の海外依存度が低いのは救いだろうな。

          国債発行残高の6割以上の資産を抱えているのに、「いつ破たんしてもおかしくないレベル」?
          財務省の回し者ですか?

        • by Anonymous Coward

          国債を発行しているのは確かだけど、日銀が国債買い入れを激増させた結果、政府の債務はどんどん減ってますね。
          それなのに破綻するってどういうことなのだろうか。

          国債を保有してるのは、日銀と日本国内の金融機関がほとんどで、彼らはもっと国債を買いたいから金利がマイナスなんて異常事態になってるのに。
          破綻するとは、具体的にどういう状況を指すのだろうか。

    • by Anonymous Coward

      高齢者の割合は今後ますます高まるので彼らが存命の間に成果として帰ってこない分野への投資は更に減ります。
      スラドを利用する高齢者や高齢者予備軍の考えを知りたいものです。

    • by Anonymous Coward

      今の10代の人口って40代の半分しかいないって現実分かっているのか?

    • by Anonymous Coward

      国債なんてケチなこと言わず、日本銀行券を道端でばら撒けばいいと思うよ。
      そのくらいしないと、お金は大切=節約は美徳=自分でやれば安い=GDP萎縮、のループは壊れない

      • by Anonymous Coward

        それだけじゃ拾った金を貯金されて終わり
        バンバン使ってもらう方法もセットで提示しなきゃ

        • by Anonymous Coward
          使わないんならそれはそれでいいんじゃない
          物価を上げずに通貨供給だけ増やせるとか、バーナンキのパラドクス解決できる夢の経済政策だ
        • by Anonymous Coward

          悪銭身に付かずと言って、均等に配らなければいいだけ。
          皆に平等にケチケチ出すから貯金される。
          50人にひとり100万とか100人にひとり500万とか、とにかくなんかに使おうと思わせる額をポーンと上げちゃえばいいだけ。

      • by Anonymous Coward

        ヘリマネというやつですな。
        日銀がやらないなら、政府発行紙幣というアイデアもありますね。

        インフレで本当に幸せになるのかという意見がときどきあるけど、デフレより百倍マシ。
        他国がリフレ政策をしている間、日本は馬鹿みたいにデフレで苦しんでいたので
        物価の差がえらいことになってしまった。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...