パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

太陽系外の地球型惑星へ探査機を送る新手法」記事へのコメント

  • 光子は質量がないから、当てても反動は生じないのでは?
    太陽系内なら、太陽からの粒子の風、太陽風が期待できるけど

    ちなみに大気圏内ならレーザー推進の実験は行われていて、
    急激な加熱による空気の膨張が推進力になる。

    • 光子に無いのは静止質量。
      止まる事はないから、質量的なものは存在し、運動量は振動数に比例する。
      エネルギーを持ってるんだから、相当質量が存在するのは当然だよね。
      でもエネルギーと運動量の比例定数が有質量物質の半分なんで、光子から有質量物質を生成しても分離する運動量が無くて真空中では粒子を生成出来ない。硬ガンマ線が大気中で粒子を盛大に生成するのは空気とぶつかって運動量を確保出来たから。

      で、太陽の光圧は、太陽風の十倍程度高い。
      そもそも、恒星が見えるのは、光圧がガスを吹き飛ばすからで、それが無きゃ恒星風が屯して何時までもガスに隠れる事になってただろう。
      ただ、局所的エネルギー密度は、低密度の粒子形態である太陽風の方が高い。だから、電子機器に対する被害も大きい。
      太陽光は、太陽風の粒子の隙間にも存在するから、面積辺りの運動量は光圧が支配する訳。

      --
      -- Buy It When You Found It --
      • by Anonymous Coward

        >で、太陽の光圧は、太陽風の十倍程度高い。

        JAXAの見解だと思うけど、太陽の光圧は距離の2乗に反比例するが
        太陽風の圧力はそうじゃない。文字通り風だから、粒子の渦が太陽系にある。
        太陽から離れるほど、光圧は減少して、太陽風の影響が強くなるんじゃないか?

        太陽圏の外に行けば、恒星風も吹くし、宇宙線も数百倍に増加する。

        第一、太陽、恒星の光圧がそれほど強力なら、ビッグバン宇宙論の宇宙膨張に
        影響しているんじゃないか?

        • by Anonymous Coward

          太陽風の粒子密度だって下がっていくのに、どうして太陽風の圧力は減衰しないと思うの?結論ありきで目曇ってるね

          • by Anonymous Coward

            減衰はする。太陽圏のふちでは100km/h程度になる。
            しかし距離の二乗には反比例しない。

            それより、セールが進行方向に存在する星間物質や
            宇宙線、とくに電子線の抵抗を受けるとは考えない?
            太陽圏内では、太陽風の粒子が密だから、太陽風より
            速くなると抵抗になる。

            • なぜそこで粒子の速度を出してくるんですか?
              いやもちろん粒子一個一個の運動量も影響しますから出していいですけど、
              その前に衝突する粒子数を考慮に入れましょう。
              元のコメントでも触れているんですから、気にしてください。
              粒子1つの運動量減衰は粒子密度の減衰に乗じられる要素なので、さらに圧力は低下することになりますよね。

              もちろん太陽光も若干の赤方偏移はするでしょうけどね

              親コメント

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...