パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

外国人労働者受け入れの目的は有能な人材か、それとも安い労働力か」記事へのコメント

  • ほっといたら会社が外国人を雇って米国人が失業するってことは、
    米国人は無能であるかもしくは無駄に給料が高いってことだ。
    そんなのを守るために鎖国したらジリ貧だと思うけど。

    日本人も同じだよね。

    • by Anonymous Coward on 2017年02月15日 9時22分 (#3161188)

      H-1Bでしばらく働いたら市民権とってアメリカ人になれると思うから安く働くのでは。
      すくなくとも、子供が生まれればアメリカ人にできるわけだし。
      そして、めでたく市民権とって無能の仲間入り。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2017年02月15日 10時48分 (#3161225)
        順番としてはH−1B → グリーンカード → 市民権 ですよ。
        グリーンカードを取得した時点で転職し放題になります。
        市民権を取るかは人によります。結構判断の分かれるところです。
        私はグリーンカードのままで市民権は取らずに働いてます。
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          自分もグリーンカード所持者ですが、H-1Bからグリーンカードへの移行は企業などのスポンサーによる再申請が必要で、H-1Bより敷居が高いです。
          それにどちらも雇用ベースの場合、申請にかかる費用はすべて会社持ちで、給与も同職種と同等が要求されます。費用を給与から引くのは違法です。
          またそのポジションに見合う米国人が見つからなかったことを証明しなければなりません。

          ですから、外国人を引っ張ってくるのはちっとも安上がりではありません。法律を守るとね。

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...