パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

外国人労働者受け入れの目的は有能な人材か、それとも安い労働力か」記事へのコメント

  • ほっといたら会社が外国人を雇って米国人が失業するってことは、
    米国人は無能であるかもしくは無駄に給料が高いってことだ。
    そんなのを守るために鎖国したらジリ貧だと思うけど。

    日本人も同じだよね。

    • by Anonymous Coward

      無能でも1票の重みは同じだからな。
      無能だからと虐げれば虐げるほど不満を持つ人々は増える。
      アメリカを笑っているけど日本に順番が回ってくる日も近いと思うよ。
      民主主義万歳\(^o^)/

      • by Anonymous Coward

        いつまで1票の重みを保てるのか。
        あれの重みは、要は、一般大衆がみんなで本気で武装蜂起したら体制をひっくり返せる、だから体制側は無視できない、というところに依ってるわけで。
        上流階級が不老に近づいて、単純労働がロボットに置き換わっていって、物理的にひっくり返せないところまで来たら大前提が崩れる。

        • by Anonymous Coward on 2017年02月15日 13時08分 (#3161311)

          賃金って人間の労働量に対してしか発生しないと思うんだけど、ロボットの生産って経済の外に行くだけなんじゃないの?

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            もちろん、経済自体が無くなる。自分たちが気楽に生きていくために必要な物資さえ調達できれば、それ以外は要らない。

            畑やら鉱山やら工場やらに労働力を割り振り、略奪されないように兵隊で守る。

            その主語を「国民みんな」ということにして労働者それぞれに「1票」の権利を与えて、
            気分良く働いてもらうというやり方が、いろいろ試した中で全体的に最も効率良かった。
            民主主義・市場経済の成功というのは、ただそれだけの話。

            もっと効率的な労働力が出てくれば、話は根底から覆って、主語が国民みんなである必要すら無くなる。

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...