パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

太陽光発電システムを設置した建築物の消火には注意が必要」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2017年02月28日 10時31分 (#3168310)

    「防火シャッターや天井近くまで積み上げられた商品に遮られて、延焼部分に効果的な放水ができなかった」
    という話もありって、むしろそれが殆どを占める要因でしょ?

    元々天井部分って雨対策もあって上からの放水はそれほど効果無いのに、あれほど外部に開いた開口部が少ない建物なら
    内部の消火設備と内側に入って直接放水しないと効きそうに無いのは当然だと思うけども。

    • by Anonymous Coward

      まあ直接の鎮火としての意味はよくわからんですね。

      ただ延焼を防ぐ効果としては、まだ燃えていない壁や天井に放水し続けるというのはとても大事なのです。
      リンク先記事には「「ソーラーパネル」への延焼」ってありますので、
      すでに燃えている内部のものの消化だけでなく、延焼拡大をちょっと抑えられなかったことによる
      鎮火時間の延長って要素もあるのではないかなぁと感じてしまうのですよ、件の記事は。

      まあなんにしても調査調査。

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...