パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

喫煙する権利は憲法で保障されているのか」記事へのコメント

  • 吐かないでいられるならば、つまり他人の権利や健康を侵害しないなら、
    いくらでも個人の責任において吸って良いと思うし支持もしよう。

    でも他人に喫煙や健康被害を強要するような行為は禁止しましょう、というだけの話ですよ…

    • >吐かないでいられるならば、つまり他人の権利や健康を侵害しないなら、

      公共の福祉に反しない限り、我々は自由だし権利があるということですよね。
      逆に、自由や権利が欲しいなら、公共の福祉を維持する義務を果たさないといけない。

      タバコを吸う権利を行使したいのなら、周囲の人の健康や幸せを害しない義務を果たさないといけない。ところが、現状ではタバコを吸う「多くの」人はその義務を果たさず、周囲の人の健康を害したり、せっかくの美味しい料理をタバコの煙で台無しにしたりして不幸にしている。だから、タバコを吸う権利が行使できなくなる。という流れの様に思います。

      涙ぐましい努力をして周囲に気を遣ってタバコを吸っている人はかわいそうになるくらいなのですが、そんな人にはタバコを吸う権利はあると思うし、いいよいいよと言って吸ってもらいます。でも、往々にしてタバコを吸う権利を主張する人って、あんまり周囲に気を遣わない人が多い様に思うのです。ちょっとでも良いから、周囲に気を遣いながらタバコを吸ってもらうだけでもだいぶんと違うと思うのですが。

      • by Anonymous Coward

        言いたいことは理解できるし、心情的には賛同できる。

        とはいえ、たとえ「周囲の人へ配慮している」喫煙者であっても、「周囲への配慮がない」喫煙者をどうこうできるわけではない。
        無配慮な喫煙者に配慮を強要できる権限もなければ、無配慮な喫煙行為を制止することはできない。
        暴力を用いれば制止は出来るが、それは事態の解決にはならないし。
        すなわち「喫煙家が自由や権利が欲しいなら~義務を果たさないといけない」というのは、個々人レベルの話としては間違っていると言わざるを得ない。
        (思考実験として、たとえば特定の団体に所属していないと喫煙を許されな

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...