パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

なにが根拠?「日本発のオープンソースはわずか42件」」記事へのコメント

  • 参考までに (スコア:3, 参考になる)

    by SteppingWind (2654) on 2003年05月23日 19時39分 (#321883)

    *BSD者の間では有名ですが, 国際的なコミュニケーションギャップにより日本発の技術がお蔵入りになった例として newconfig vs new-bus 論争があります. このあたり [freebsd.org]からのスレッドを見てもらえれば, 何となくどんなことが有ったか分かるかも.

    このことが一つのきっかけで, *BSDでは日本人commiterを増やしたり, できるだけ海外のMLでも発言するようにしたりとかの努力を続けてきたわけですが.

    • ですが、日本のdeveloperにあって話を聞いてみると、英語を使うことや外国人に会うことにたいして億劫になる人ばかりです。英語で何かものを書くのが好きだったり、何かの機会に海外の知り合いに会いに行きたいなどと考える人には会った試しがありません。謙遜して英語が使えないといっているのではないようです。その証拠に、具体的な失敗談などを引き出そうとするとすぐに話がネタ切れになってしまいます。

      もしかして、Linuxのディストリビューションや、OS非依存のアプリケーションに関わっている人達もこうなんでしょうか? だとすると、まず最初に海外に対する恐怖を抱かない人間を育てることから始めないといけないでしょう。1年ぐらい日本を飛び出していろいろヘマをやるだけでもそれなりに効果はあるはず(ただしその期間中ほかの日本人とは接触を断つべし)。文通とかも良さそう。

      ちなみに、わたしのドジは山ほどあります。ツッコミの意味を取り違えるとか(相手が説明不足のことも多いけど)、privateなmailを間違えてmailing listに流してしまうとか(気を抜くとすぐこうなるので注意)、電話しても連絡がつかなかったりとか(実は留守電の番号だった)。

      親コメント
    • by tanh (4900) on 2003年05月26日 3時06分 (#323047)
      FreeBSD の話だったかどうかは忘れましたが、

      日本人は、議論というプロセスを省いていきなり
      大量のパッチ、ソースを送りつけてくるのがいけない

      とおっしゃっている方がいましたね。
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      というわけでもないですが。
      FreeBSD、NetBSDのcoreに日本人が一人ずつ入っています。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...