パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

強い毒を持つ南米原産の蟻「ヒアリ」、日本上陸か」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2017年06月19日 15時31分 (#3230501)

    定着している可能性が低いってどこ情報?
    ポーアイの方はコンクリの裂け目で発見されていて
    その奥については現時点で確認されていない
    周囲にトラップを仕掛けて調査が続いている状況なんだけど…
    最悪ポーアイで繁殖したものがコンテナについていた可能性もある
    繁殖していないというのは現時点では希望的観測としか言いようがない
    どこからそんな話が出てくるの?

    今回の件に限らず危機感がないというかグダグダというか
    今治の方の某獣医学部は鳥インフル対応を謳ってたけど
    ウィルス管理施設を学生が出入りする建物のワンフロアにつくるんだろ?
    正直何が起きても完全な人災だと思うよ

    • ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について [env.go.jp]

      2.今回の確認された種について

      確認されたヒアリは、既に同種が定着している中国広東省広州市から輸送されたコンテナの内部で発見され、また、現段階では他の貨物やコンテナが一時保管された場所の周辺からの発見情報はないため、積み出す際にすでにコンテナ内部に付着していた可能性が高いと考えられます。このため、現時点では、ヒアリが日本の当該地域周辺に定着し繁殖している可能性は低いと考えられます。

      この判断は妥当だと思う。

      この資料にある時系列によれば、該当コンテナは5月20日に神戸港水揚げされ25日まで保管、26日に尼崎でコンテナ内部でアリのコロニーを発見、通報。「近畿地方環境事務所から通関業者に対し、アリのサンプルの送付と、コンテナの燻蒸消毒を依頼」。6月1日に神戸港にコンテナを移動し、燻蒸消毒を開始。6月5日に「輸入業者がアリが全て死滅していることを確認」。

      まだ環境省の調査段階だが、もしヒアリがこのコンテナ以外で上陸し日本国内で繁殖しているのなら、これら3か所以外でも見つかるはず。ヒアリの巣の特徴は在来種にないドーム状の巣 [env.go.jp]なので、そういうのが近くの公園にないかチェックするだけでも、繁殖しているかどうか判断する目安になると思う。そういう報告がまだないのであれば、国内繁殖はないと言い切っていいんじゃない。無用に不安を煽る必要はないよ。

      --
      今のスラドはアレゲサイトじゃなくてただの掲示板
      親コメント

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...