パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

匂いVRデバイスを手がけるVAQSO、匂いVRコンテンツの制作サービスを開始」記事へのコメント

  • 少し考えるとVRとアダルトコンテンツってあんまりあんまり合わないと思うんですよね
    VR(MR)が真に威力を発揮するのは一部のゲーム(遊戯王 FPS TPS ACT RTS SLGなど)と実際の乗り物や職業訓練のシミュレーターだと思うんですよ
    特に実際の乗り物や職業訓練のシミュレーターはちゃんと作れば色々なスキルをすばやく習得できる可能性に満ちた装置だと思うんですよ

    • by Anonymous Coward

      ダッチワイフと組み合わせれば売れると思う。FPSは合わないと思う。乗り物系はまあまあ。遊戯王はバッチリだな。

      • by Anonymous Coward on 2017年06月27日 11時56分 (#3234720)

        >ダッチワイフと組み合わせれば売れると思う。

        3D映像は間違いなくエロと相性いいし、丸ごとじゃなくても胸だけとか尻だけとかでも
        物理的実体(もしくは圧力フィードバック)があると感動的でさえあるのだけれど、
        あくまで目と指くらいしかその世界に入れない(フィードバックされない)のが弱点と言えば弱点なんですよね・・・。
        ダッチワイフと”連動”させるということは、お相手は表情はともかくボディは完全マグロ。ネクロフィリアかって感じになってしまう。

        そりゃ金をかければ質感も重みも暖かさも柔らかさも、動きすら仕込めるけど、それはバカ高いコストがかかる上に、まさにヒト型ロボットを作る試みにならないしなぁ(一つの夢ではある)。

        むしろ逆に、スカートを下からなんとかして覗こうとする「見えそうで見えないでもちょっと見えるエロ」のような方向にARはとても相性が良い。
        さあ水鉄砲で動き回るキャラを濡らして透けたり溶けたりするゲームを作れ!(うるさい)

        親コメント

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...