パスワードを忘れた? アカウント作成

伊58など、8隻を特定」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    何で大日本帝国海軍わ、開発・教導(運用法確立・マニュアル作成)・建造リソースの足りない中、あんなに沢山の種類の潜水艦を開発したのだろうか?

    • by Anonymous Coward

      ある意味究極の魔設計といえる伊四百型潜水艦、潜水空母があるー。
      潜水艦の内部に3機の爆撃機を格納して、敵の首都近くまで潜水で潜入して、爆撃機を発進。
      直接、敵中心部を破壊するというコンセプト。
      これが後にミサイル原潜のアイデアにつなかったのだから日本が先行ってたと言っても過言ではない。

      • by Anonymous Coward

        過言でしょ。

        潜水艦の艦上機による首都爆撃はすでにWWIでドイツが実施している。
        ミサイルの運用についても計画段階ながらWWIIでドイツが立案されている。
        戦後アメリカの潜水艦が搭載した艦対地ミサイルもドイツのV1のコピー。

        もし日本の影響を示す史料があれば教えてほしい。

        • by Anonymous Coward

          誘導兵器に関しては、日本の桜花、菊花、回天、神風の影響でいいんじゃないすかね。
          当時制御系に使えるのは生体プロセッサしか無かったから運用効率はいまいちの様でしたが。

          #後、迫撃砲(小型臼砲)も地味に日本軍が使った奴の影響があるかと

          • by Anonymous Coward

            「影響」というのはどういう基準に基づいて?因果を示す根拠はあるの?

            • by Anonymous Coward on 2017年09月12日 16時36分 (#3278021)

              空対空、地対空、地対艦ミサイル、及び誘導魚雷の実用化された原型として「影響」と言う表現を使いました。

              #迫撃砲自体は既にあったのですが、歩兵携行可の小型臼砲として八九式重擲弾筒をあげました。

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...