パスワードを忘れた? アカウント作成

国産の温水洗浄便座、発売から50年」記事へのコメント

  • 「海外」って具体的にはどこなんですかね?ヨーロッパ?
    アメリカとか今でも前世紀のトイレしか無いんだけど...
    食器洗いとか洗濯物乾燥とか機械化率高いのに、なんで尻は手動なんだろう?

    • 確かに最初はアメリカで開発されたものなんです。でもアメリカだとトイレ(浴室も兼用する)にコンセントがなかったり、硬水だったりするために、洗浄便座は普及していないようです。日本料理屋や高収入の階層向けにUSA TOTOが洗浄便座を販売してたりします。

      水回りに興味があっていろんなカタログや本を読んでいて、『テレンスコンランのバスルーム [amazon.co.jp]』という本の35pに引用されている『THE BATHROOM―バス・トイレ空間の人間科学 [amazon.co.jp]』という本にたどりつきました。この本に洗浄便座の話はとても詳しく記載されています(絶版だけど古書で入手できます)。コーネル大学の教授が書いた本なのですが、この本の邦訳の際に、TOTO社内での日本語訳を参考にしたというシロモノで。洗浄用のノズルの標的位置をどうすればいいかとかの図が載ってるのはこの本くらいだと思います。また、男性の場合にアレがねじれて放出されるという写真が出ているのもこの本くらいかと思います。正直、この本を読んだときに感動しました。「公衆便所を本来の目的以外に利用されないためにどうすればいいか」なんて議論が書いてあるしw
      • by Anonymous Coward

        最初は医療・福祉機器として開発・販売されたもので、家庭向けじゃなかったし。
        東陶が家庭向けに販売をはじめ、家庭向けは長い間ほぼ日本でしか売られていなかったからね。
        海外にも売ろうととはしたけどね。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...