パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

電気旅客機の実現は時間の問題である」記事へのコメント

  • 一番肝心なところをサラッと流してますが、それで時間の問題とか言われてもなぁ
    エネルギー密度つまり軽量化こそ航空機の死活問題なのに

    東芝も6分充電で320km走れるEV電池(2019年実用化目標)とか言うけど正直信じられん
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/03/news111.html [itmedia.co.jp]

    • by Anonymous Coward

      バッテリーを翼の下に吊って、巡航高度に達したら落とす。
      バッテリーはそれ自体が自律飛行して空港の近くの充電場所に戻る。
      とかって手も。
      それで一番電気を食う所を過ぎても機内のバッテリーは新品だ。

      • by Anonymous Coward

        増槽かよ!

        むしろ最低限のバッテリーで離陸して、巡航高度に達したら補給するとか
        断続的に衛星からレーザーかマイクロ波で、なんて浪漫じゃない?

        • 機体の本体は飽くまで巡行にのみ最適化させて、離陸と着陸は専用のオプション機体と合体して行う。

          それなら離着陸用は長時間運用を考慮せずパワフルに作れるし、巡行用は極限まで経済的に。
          必要なら離着陸用オプションは垂直離着陸対応も出来る。
          なんなら長距離運用用の増槽的なオプションも有って良い。

          合体前提だからトラブル時も救援対応し易い。

          仮に名称を巡行用のメインの機体をα号、増槽的な機体をβ号、離着陸用をγ号としよう。

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...