パスワードを忘れた? アカウント作成

消えゆくPC向け光学ドライブと光学メディア」記事へのコメント

  • アプリケーション系はDLで購入するシーンが増えたのでインストール媒体としての光学ディスクはほぼ使わなった。
    クラウド連携やセキュリティに関するものは特にサブスクリプションでの契約が増えた印象かなと

    音楽を買う場合もCDは嵩張るので、DL販売があればデータを買ってしまうなぁ。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      アプリはDLでほんと困らないからね。すぐに手に入るし。
      ただ、たまに理由があってディスク版を買うことがある。

      例えば、とあるソフトの旧バージョンが叩き売りされていた。
      (シリアルがあれば最新版に無料でアップデートできる)

      例えば、ディスク版は素材が全部ついてるけどDL版はネットから必要に応じてDLする仕様で
      一つずつしかDLできないのにDLできる期限がある。某年賀状ソフトの話。

      例えば、ディスク版には何のプロテクトもついてないのに
      DL版にはソフト電池と言うゴミのようなDRMがついている。
      DRM自体は否定はしないがソフト電池は仕様が糞過ぎて許容できん。

    • by Anonymous Coward

      ちょっと誤解があるor見る人の誤解を招くと思うので一応。
      Subscriptionというのはあくまで定期購読というような意味合いであって、
      決して販路がDL限定ではないと思うのです。

      確かに最近買い切り型ではない、年間・月間契約のソフトウェアは増えてきてますけど。
      ここらへんをはっきりさせておきたかったので、失礼。

      • by Anonymous Coward

        今は利用していませんが、MSDNをサブスクライブしてたときは毎月大量のCD-ROMを送り付けてきてたな。

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...