パスワードを忘れた? アカウント作成

世界の砂利不足」記事へのコメント

  • by o-nikko (46233) on 2017年10月13日 11時33分 (#3295074) 日記

    かなり以前から鉄鋼製錬や非鉄製錬で発生するスラグ(Slag、鉱滓)を砂利の代替品として利用する事が検討・実施されています。

    残念ながら、スラグの特性が砂利よりも優れている事はなく、如何に低コストで砂利と同等に近づけるかが課題のようです。
    (粒度・強度・不純物などなど)

    また、強度や環境に関わる問題は何年も経てから表面化するものなので、産学共同で長期試験をやったりしていますね。

    スラグ骨材を用いたコンクリート(日本コンクリート工学会、1996)
    http://www.jci-net.or.jp/j/public/kiso/pdf/no04.pdf [jci-net.or.jp]

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      スラグだとどうしても成分的に砒素とか鉛とかが高くなるのがねぇ
      ガラス固化されているので溶出はほとんどしないんですが、イメージ的に・・・・

      • by Anonymous Coward
        • by Anonymous Coward

          クロムってことはステンレススクラップが元ですね。
          しかし、スラグでクロムが六価になるんですかね?なんか単純にクロム量のような気も。

          フッ素はどこから来たんだろう?

          • by Anonymous Coward

            フッ素とかが多いとスラグの流動性が良くなったりして分離性がよくなります。
            古来よりそういった目的で蛍石が使われてきましたが、近年は脱ハロゲン化がすすんでいます。
            とはいえ、スラグとか湯の状況から職人の感覚によって見極めている部分もあるらしいですし、
            これまでの品質を保つために原料の質や種類なども検討が必要でしょうし、なかなか完全置き換えに至れない場合もあるそうです。

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...