パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

キューバで米大使館職員を「攻撃」した騒音のサンプルが公開される」記事へのコメント

  • この程度の高音域の騒音なら板切れ一枚、耳栓一つで対策できるじゃないか
    音声帯域よりも上の高周波領域での減衰量が大きくなるようにした耳栓・イヤーマフもあるよ(航空機整備などにも使ってる)

    • Re: (スコア:2, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      攻撃を受けるとこの音が聞こえる、ということは、この音が攻撃の方法だということを必ずしも意味しない。
      なんかすごいハイテクな電波兵器が飛び交ってて、そいつが起こすノイズの一部が耳に入るとこう聞こえる、なんて可能性もある。

      分かっているのは、攻撃を受けるとこの音が聞こえる、ということ。

      • by Anonymous Coward on 2017年10月16日 13時33分 (#3296300)

        たとえばMRI検査すると「ココココココココココココココッ」みたいなけっこうやかましい
        音がするんだけど、あれは別にスピーカーから音を出してるわけじゃないんだそうな。
        http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/general/mri/q_a/index.html [toshiba-medical.co.jp]

        仮に音を完全に遮断できたとしても、MRIの効果自体には影響しないだろう。

        仮にこっちのこれがなんらかの攻撃で、音はその副作用に過ぎなかったとしたら、
        音を遮断した所で、攻撃に気付きにくくなって、その分被害が大きくなるだけかもしれない。

        親コメント

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...