パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ラブホテルの客室にスロットマシンが設置されている理由は保健所対策」記事へのコメント

  • by nemui4 (20313) on 2017年11月02日 7時28分 (#3305775) 日記

    テクノロジーの進化や監督官庁や社会情勢・生活が変化しているけど、昔の人が作った法を守らざるをえないので、いろんなところでほころびが出来て
    ・客や利益は置いといて法に違反しないように無駄(?)なコストを掛ける。
    ・コストその他優先して現状に合わせて運用した結果法律違反になってしまう。
    という感じになっちゃうのかな

    後者を選んだ企業がニュースを賑やかしている昨今。

    • by Anonymous Coward on 2017年11月02日 8時46分 (#3305819)

      つまり法令遵守の意識はラブホの方が上なのか…

      親コメント
      • Re:法のほころび (スコア:2, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2017年11月02日 9時07分 (#3305835)

        風俗業界はちょっとしたことでしょっぴかれる可能性が高いため
        法律・条例違反しないように頑張っているとは思います。
        個室ビデオ扱いにして店舗型ヘルスを堂々と運営したりとか。

        逆に言うと違法ではないけど脱法的行為とも言えます。
        法律を定めようとした背景とか意図とかをあえて無視して、
        条文回避のみに注力しているような印象です。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          >個室ビデオ扱いにして店舗型ヘルスを堂々と運営したりとか。
          そういうことだったのか!
          ネットであれこれできるのに何でこんなビジネスがあるんだろうと不思議でした。
          勉強になりました。

          • by Anonymous Coward

            「個室ビデオ」自体は脱法ヘルスよりも脱法ホテル業の方がメジャーではないかと。
            一部のネットカフェ・漫画喫茶もそうだけど、ホテルなら当然備えておくべき様々な設備ナシで激安で宿泊・食事が出るサービスとして安ホテルと競合してる。
            (ネカフェ・満喫の全てがホテルと競合していると言ってるわけではありません。あくまで一部というかそういうカテゴリがあるみたいな話ね)

    • by Anonymous Coward

      その制度が生まれた経緯も考えずに「現行法は不便だ」というのはダメだよね
      行政の都合に付き合ってる旧来の業界団体と、法令が規定する最低限の規定だけ守っていればいいと考える新興企業グループの対立は、どこの業界でもあるんですなあ

      旅館業法が保健所の管轄とは知らなかった
      なるほどとは思ったけど、宿泊者名簿はてっきり公安関係の規定だと思ってた

      • by nemui4 (20313) on 2017年11月02日 9時07分 (#3305836) 日記

        「現行法は不便だ」と声を上げないと永遠に古い法に縛られ続けそう。
        その辺日夜検討したり色々考え続けて入ると思うけど、特にテクノロジーの進化が早すぎてFB掛けるのは間に合わないんでしょうね。

        >行政の都合に付き合ってる旧来の業界団体と、法令が規定する最低限の規定だけ守っていればいいと考える新興企業グループの対立は、どこの業界でもあるんですなあ

        追い上げてこれから稼ごうとする人たちは、より効率のいいシステムを求めるもんだし。
        既に十分に儲けがある人達が、今まで通りに問題なくやり過ごせられれば良いと考えてても不思議はないですね。

        >旅館業法が保健所の管轄とは知らなかった
        >なるほどとは思ったけど、宿泊者名簿はてっきり公安関係の規定だと思ってた

        結局両方の支配(監督?)を受けてて、変なことになってんでしたっけ。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          その「不便」の理由がテクノロジーで無くなったのなら兎も角、単に別の営業手段が増えただけでなんで従来の安全規定が不要だという事になるのだろうか?
          危険性の容認度は安全性とは関係ないテクノロジーの利用で緩和されるべきとかちょっと理解に苦しむのだけど。

          安全性が新技術で別に担保されて居るのなら判るのだけど、民泊なんかは危険性は上がる方向性なんだが。

      • by Anonymous Coward

        宿泊者名簿は消防法じゃないかなと思った。
        どの部屋に何人の要救助者がいるかわからんとしらみつぶしにせにゃならんし
        そんなことしてたら消防士の命がいくつあっても足りん。

        • by yasu (7) on 2017年11月02日 10時37分 (#3305918) ホームページ
          旅館業法です。
          --
          HIRATA Yasuyuki
          親コメント
        • by Anonymous Coward

          火中の事務所で宿泊者名簿を探すなんて非現実的だと思いますが、本当にそんな運用してるんですか?
          ご遺体の身元確認ならともかく。
          帳簿はともかく全室確認するのが基本、と習ったぞ俺は。

          • by Anonymous Coward

            非現実に見えるのは何故か必ず事務所が火中に有ると勘違いしているからでしょう。
            確認に使える資料が有るのにわざわざそれを無視するなんて、そこまで消防は考えなしではないですよ。
            危険が無ければ普通に確認しますね。

      • by Anonymous Coward

        宿泊施設の関連法案に民泊(シェアリングエコノミー)推進したい経産省は絡んでいないという構図もある。

        旅館業法:厚労省
        消防法:総務省
        建築基準法:国交省

    • by Anonymous Coward

      >昔の人が作った法を守らざるをえないので、いろんなところでほころびが出来て
      実は全くそんな事は無く普通に旅館業法とか適宜変更されいる。
      今年だって民博関連とかで話題になっていたろうに。

      単に必然性を認める人間が居なかったってだけだろ。

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...