パスワードを忘れた? アカウント作成

東京農工大学、ロボットが人間に感情を伝えるための制御方法を開発」記事へのコメント

  • by hinatan (24342) on 2017年11月11日 9時05分 (#3310583)

    確か心理学か営業さんが読むような本にあったのですが、
    ・好きな相手で恥ずかしい時は下を向く。
    ・嫌いな相手で目を合わせたくないときは横を向く
    ・話に興味を持っているときは足のつま先があなたに向かっている。
     - ゆったりと開いているならリラックスしている
        - 文字通り体を乗り出したのならかなり興味を持っている
    ・嘘をついているときと、真実を思い出そうとしているときは視線の方向が違う(嘘が左でしたっけ)
    ・貧乏ゆすり始めたらもちろん、「早く終わってくれ」ってことでしょうね。話のやり方を変えないと。ちょっとブレイクしてみようか・・「そういえば、お子さんの運動会はどうなりましたか」

    などなど思い出したまま書きましたが、出来る営業さんは相手がうっかり漏らしている感情のシグナルをキャッチして、事を有利に展開できるんだろうなと感心したことがあります。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      自分は不安障害なので、誰に対しても下むいて話すし、緊張すると貧乏ゆすりが出る。
      そして、一定以上は近づけない。 こういう人もいる。

      • by Anonymous Coward

        横からだが
        まあ、嘘をついているサインとされるものは、単に緊張している時でも出るとか
        でも個人差も読み取る人は読み取るかもなあ

        • by Anonymous Coward

          読み取ることを想定してあえてやっているってパターンもあるんやで

          本に書いてある事まんまやってもダメなんだよね
          相手もその本読んでるかもしれないわけなんで

    • by Anonymous Coward

      こんな感じですかね

      悪巧み   想定(外)  願望

      誤魔化し  (ΦωΦ)   興味外

      逃避    想定(内)  対抗

      # 相手を読むときは左右逆

      後は手の位置
      指を組んでいる時点で防衛
      口元を隠すようだと対抗
      # 腕を組んでいるのは虚勢

      # 席次を作らない場合は立ち(座り)位置も重要

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...