パスワードを忘れた? アカウント作成

「自家用車」は近いうちになくなるのか」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2017年11月14日 11時42分 (#3311885)

    乗用車の自動運転云々は正直まだ眉唾物。

    いや乗用車の前に路面電車だろ。
    乗用車よりよっぽど簡単そうなのにさっぱり話が出てこないって、
    公共機関的にはまだまだ「考えるに値しない」技術って事だろ。

    #費用対効果的に専門の研究は無くても、応用はできないかくらいの話はあってしかるべき
    #電車はないにしても、軌道廃止してスペースを自動運転トロリーバスに転用するとかの話題もない
    #自動運転タクシーやバスの話題はあってもな

    ここに返信
    • 鉄道は自動車に比べて圧倒的に産業規模が小さいので、
      自動化に対する研究投資も自動車ほどはできないのです。
      近年鉄道で新たに導入された技術の中でも、
      ディーゼルエンジンの排ガス対策や、気動車のハイブリッド化、
      バッテリー式電車などは、おおむね自動車用に開発が進んで
      ある程度こなれてきた技術の応用です。
      たぶん、自動運転も自動車側である程度めどがつくまで研究が進んだら、
      鉄道にも転用が進むのではないかと思います。

    • by Anonymous Coward

      路面電車に限らず、普通の鉄道でも考えてよいのでは。
      オーバーランとかいちいち人が停めようとするから発生する。
      基本は自動制御で、緊急操作の要否判定と実施を運転手がやればいい気がするんだけど。
      ルーティンは機械制御でイレギュラーのみを人がやるの。
      走るところ決まってて時刻表まである鉄道の方が自動化しやすいと思うけど。

      オフトピすんません。

      • by Anonymous Coward

        鉄分の多い方が教えてくれるでしょうが、
        ATSとか実質自動運転装置に近いし、別枝にあるゆりかもめみたいに完全自動のもありますよ

        いずれにせよ自家用車やトラックに比べて運んでいる人命が多いので相対的に
        運転者の数が少なくて済むし、客商売で目新しいのはプラスとは限らないし、
        別方向でも事故減るように(専用軌道とかね)仕組んでるので圧が低いんですよね

        • by Anonymous Coward

          ちょっと大ざっぱに言うと、
          ATS: 自動車における「衝突被害軽減ブレーキ」みたいなもの。緊急時に急ブレーキをかける。最近はATSも高度化してるので、ATCとの境目は曖昧な感じ。
          ATC: 自動車における「クルーズコントロール」みたいなもの。ただし減速オンリー。ATSと違ってなだらかに減速する。電車の運行は「発車→加速→惰行→減速→停止」の流れになるので、ATCだけでも後半半分は自動運転って感じ。
          ATO: 自動車における「自動運転」相当。加速も自動化。平常運転は自動でできるけど、カメラなどがあるわけでもなく、線路の異常とか飛び込みなどの緊急事態への対応はできない。
          って感じですかね。

          ゆりかもめなどの新交通システムは無人運転なので自動運転してるのがわかりやすいですが、目立たないところでも、最近できた地下鉄とかはだいたいATOが入ってる感じですかね。

    • by Anonymous Coward

      決められた起動を走るんならバスでいいのではないでしょうか。バスに対する路面電車のメリットって何があります?

      • 路面電車のバスに対する優位は、鉄車輪・鉄軌道系による省エネルギー性でしょうね。
        従来は軌道による案内があることで、連結運転して大輸送量を発揮、という優位点がありましたが、
        今はバスでもうまく案内機構を付けて連接バスを走らせるのが現実に見えてきていますし。

        もっとも、公共交通の利用者には線路があることによるわかりやすさ、利用しやすさがあるのか、
        まったく同じ利便性・運賃でも、軌道系交通機関の方がバスより有意に利用が多くなる傾向があります。
        このあたりは純粋な理屈では説明が難しいようですが。

        • by Anonymous Coward

          バス路線・バス停は地図上で分かりにくい、もしくは地図に表記されてないのに対し、
          路面電車を含む鉄道・駅は地図上で分かりやすい・・・ってのはあるのでは?

    • by Anonymous Coward

      路面電車を自動化するための研究費はいくらかかりますか?
      その成果を利用する路面電車はどのくらい走ってますか?
      路面電車が万単位で運行されてるならまだ研究する価値もあるでしょうけど。

      • by Anonymous Coward

        それ以前に、路面電車は自動運転車の技術の一部で作れちゃうよね。
        なら市場の大きな方に注力して置く方が良いかと。
        挙句、電車じゃあ個々人でどうこうなんて決められないんで、選択権を持つ人間が余りに少ないよな。

    • by Anonymous Coward

      「ゆりかもめ」って乗ったことある?
      東京の路線なんだけど。

      路面電車ではないけれど、決まった軌道を走る車両の自動運転はそんなに難しくはない。
      路面電車は数自体が少ないから開発対象になってないだけじゃないかな。

      技術的完成度から言うと公共交通機関として具体的に検討しておかないと時代に乗り遅れるってレベルまで来ているよ。
      君の意見は少し時代遅れだね。今風に言うと情弱?

      • by Anonymous Coward

        ゆりかもめって開業したのはいつだったかな。

        いえ。かなり前に仙台の地下鉄で「発車」「緊急停止」の二つのボタンしか運転席に存在しないのがありまして、
        緊急停止以外の加速減速がすばらしく乗り心地がよく、決まった場所にぴったりとドアがくる
        …みたいな、ファジーって言葉が流行ったころの時代の話を思い出しまして。

        その時代の電車は、「発車」「緊急停止」のために運転士が必要だったようなのですが、ゆりかもめは運転士が不要。

        電車は何年ぐらいかけて運転士不要にできたんだろう。
        それを自動車に置き換えたら、どれぐらい時が必要なのかと思いを馳せることができそうだなと。

        • by Anonymous Coward

          仙台市営地下鉄は1987年開業ですね。

          ゆりかもめの開業は1995年ですが、無人運転を行う、いわゆる「新交通システム」(AGT)としては、1981年の神戸ポートライナーが日本初です。
          つまり「自動運転列車」としては、無人運転なゆりかもめなどのAGTの方が先発。

          AGTは「完全高架で通行人の立ち入りは不可能」「全駅ホームドア整備」という、突発的な異常事態を防ぐ方策ができているので無人運転できてますが、
          それができない地下鉄などでは、「非常事態での緊急ブレーキ要因」として、前方監視する運転士が乗らざるをえない、ってことです。

          踏切を排除できる地下鉄や完全高架私鉄

          • by Anonymous Coward

            なるほど。勉強になりました。ありがとうございます。

            >「新交通システムでは無人運転」「地下鉄などの新設路線では有人自動運転」「既存路線は従来通り手動運転」という方向性は、しばらくは変わらないでしょう。

            これを自動車に置き換えてみると…
            【高速道路などの自動車専用道路内で自動運転】が実現に一番近いということになるのかなぁ。
            (もちろん、自動車専用道路側にも自動運転車専用レーンを設けたりする必要もありそうだけど)

            大雑把に、渋滞、事故、工事、落下物、逆走、
            まれに投石や自転車や人や動物が考えられるわけで…どこで区切るかわかりませんが、それらをクリアしないと。

    • by Anonymous Coward

      >#電車はないにしても、軌道廃止してスペースを自動運転トロリーバスに転用するとかの話題もない
      国内では無いみたいだけど、海外では軌道の替わりにガイドウェイバスってのは有った筈。

    • by Anonymous Coward

      >いや乗用車の前に路面電車だろ。
      >乗用車よりよっぽど簡単そうなのにさっぱり話が出てこないって、
      >公共機関的にはまだまだ「考えるに値しない」技術って事だろ。
      こんなこと言うと世界ガーとか言われちゃうのかもしれないですけど
      ヨーロッパを中心にトラムの活用は21世紀に入って進化・急拡大してますよ。
      海の向こうは考慮外というのであれば申し訳ありませんが。

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...