パスワードを忘れた? アカウント作成

動物の利口さは脳の大きさよりもニューロン数に左右される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2017年12月06日 9時02分 (#3324138)

    ニューロンの数なんて関係ないんでしょうね……

    ここに返信
    • ニューロンの数の差が、能力の決定的な差ではないことを教えてやる!

    • 鯨のニューロンは大半が広くなった体表面積分だけ多くなった感覚器に振り分けてる。
      …で、鯨がダウンサイジングしたイルカはどうだかわからない。多分感覚器が減って手持ち無沙汰になったニューロンがエコーロケーションや空間認知に使われてるんじゃないかな?

    • by Anonymous Coward

      クジラを筆頭に水棲哺乳類の知能はあまり高くならないのが通説
      だが、明確な測定方法がないんだよね

      リリー博士の盲信が現在の「イルカ賢い教」の基礎になってることは否定しないけど

      • by Anonymous Coward

        >クジラを筆頭に水棲哺乳類の知能はあまり高くならないのが通説

        なんじゃその「通説」は。初めて聞いた。

    • by Anonymous Coward

      ニューロンの数なんて関係ないんでしょうね……

      そりゃそうです
      ニューロンは回路ではなく配線なので
      回路になってなければ機能は期待できません

      数十年乗っていない自転車に乗れるのは
      強烈な体験による回路化によるものです
      慣れやコツも回路化です

      で頑固爺の仕組みは
      回路の破棄と再生性が
      老化によってできなくて
      癇癪起こすという流れ

      女性のヒステリーは別
      右脳・左脳間のバイパスが男性より太いので
      処理がオーバーフローした場合に発生

      んでもってボケってのは回路や経路の損耗

      数があっても質や運用が悪ければ性能は見込めません

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...