パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

公道カート、規制強化へ」記事へのコメント

  • パブリックコメントを経て今年度末までに保安基準改正の見込み。

    変更点は朝日の図解 [asahi.com]や日経の図解 [nikkei.com]を参照。シートベルト、ヘッドレスト、タイヤフェンダー、視認性向上のため1mの高さの構造物、赤尾灯、衝撃吸収ハンドル、のようだ。

    --
    #説明責任はないです
    • by Anonymous Coward

      両図解を見る限り、相変わらず4・5点シートベルトより搭乗者胴体保持能力が劣り、ボディーにマウントされず、シート或いはシート後方の構造物にマウントされた3点シートベルトの様だ。(自動車ではそれをエアバッグで補っているのだろう)
      実にJAPガラパゴス。

      • Re: (スコア:4, 参考になる)

        by Anonymous Coward

        何処でそんないい加減な知識を植え付けられたのですか?
        3点シートベルトでも衝突時の保持能力は十分です。
        競技用が4点式なのは姿勢保持のため、シートに体を強固に固定するためです。

        また、ベルトで完全に固定するとショックが全部首に行くので、今の市販車では意図的にシートベルトを動かして最後にエアバッグで受け止めます。
        今市販車に搭載されているエアバッグの正式名称はSRSエアバッグシステムで、SRSとはSupplemental Restraint System(補助拘束装置)です。
        あくまでシートベルトの補助システムです。
        レーシングカーではエアバッグが使えないのでHANSでヘルメットを拘束してます。

        以前も同じようなことを書いた記憶がありますが、間違ったことを言う人がいる限り何度でも書きます。

        • by Anonymous Coward

          でも普通の車みたいにからだを囲ってるものがなくエアバックもない場合、むき出しのからだを庇うにはからだをシートに固定してあったほうが安全じゃないか?

          • by Anonymous Coward

            どっちもどっちだよ。
            例えばバイクの大怪我の大きな要因は自分のバイクに轢かれる事だ。
            同様にあんまり強固に固定されるとダメージ部位から力が逃がせず更なるダメージ増大の可能性が有るから。
            安全性考えたらボディを付けるか搭乗者の周囲をゲージで囲うべきでしょうね。

            • by nim (10479) on 2017年12月06日 19時55分 (#3324612)

              > 搭乗者の周囲をゲージで囲うべきでしょうね。

              体に目盛りをたくさん書いてある耳なし芳一みたいなのを想像したけど、
              多分「ケージ(cage)」のことですかね。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                その混同ってよく見かけますね。
                カードもガードも同じなんですかね。

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...