パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

最高裁、テレビ受信装置設置者への受信契約義務付けは合憲と判断」記事へのコメント

  • 「テレビ受信装置を設置してないから支払わない」という主張はどうなんでしょうか?

    民事裁判であれば、原告であるNHKが被告に対し「テレビ受信装置を設置している」ことを立証しなければいけないと思うんですが、被告が「我が家にはテレビないです。スマホもiPhoneなんでワンセグもフルセグも受信できないっす!」と言った場合、NHKはどうするのでしょうか。

    • ご安心ください。携帯は設置に含まれないという判例 [kokusen.go.jp]があるので、iPhoneじゃないテレビ受信できるスマホでも普通に携帯しているなら契約の義務はありませんよ。
      一方で普通のテレビ受信装置については、もし民事裁判で設置しているかどうか争うことになればNHK側が設置していることを証明することになるでしょうね。

      --
      The 'Through'-Force is with you, young srader, but you are not a Hacker yet.
      • by Anonymous Coward

        なぜ携帯は設置に含まれない判例だけを強調するのだろうか?
        逆の判例は見なかったことにする?

        • それはNHKが日本放送協会放送受信規約 [nhk.or.jp]の1条2項で

          2 受信機(家庭用受信機、携帯用受信機、自動車用受信機、共同受信用受信機等で、NHKのテレビジョン放送を受信することのできる受信設備をいう。以下同じ。)のうち、地上系によるテレビジョン放送のみを受信できるテレビジョン受信機を設置(使用できる状態におくことをいう。以下同じ。)した者は地上契約、衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければならない。(以下略)

          と判決とは異なる「設置」の解釈を改めないで誤認させようとしている?からです。
          逆の判例とは?普通のテレビを設置視聴し未払いをして提訴され支払うよう判決を受けたのは法令の通りで当然だとは思いますよ。

          --
          The 'Through'-Force is with you, young srader, but you are not a Hacker yet.
          親コメント

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...