パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

スラドに聞け:私的「バッドデザイン大賞」は?」記事へのコメント

  • ビルの天井照明スイッチで、赤緑なのに赤が点灯(緑が消灯)というものを毎日見ている。
    • by Anonymous Coward on 2017年12月09日 18時02分 (#3326646)

      赤緑の色盲なんで、論理どうこうじゃなく赤と緑の選択という時点でもうね

      親コメント
      • by poquitin (42421) on 2017年12月11日 11時35分 (#3327471)

        LEDの色が自由にならなかった昔ならともかく、現代では青黄とかできるんだから赤緑LEDはとっとと全滅してほしいですよね…

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        昔は、青のLEDは値段が高かったのです。
        記憶では、赤や緑なら1個10円だけど、
        青は1000円位だったと思います。
        (1990年後半当時)

        そして、住設分野では商品寿命が長く、
        30年前の商品が現役なのです。

        • 90年代の前半にシリコンハウス共立でひとつ500円くらいで日亜のやつ買いましたが、あれは特別安かったんだろうか…?
          住設用とかだと信頼性も考慮するからそれなりに値段がしたのかもしれないですね。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          ホントに昔は赤と緑と橙しかなかったからしょうがないよね。
          今ほどグローバルデザインなんか認知されてなかったし。

          • by Dharma-store (47177) on 2017年12月10日 18時50分 (#3327173) 日記

            確かに工作とかで使うのは赤ばっかりだった気がします。
            赤いのになんでLEDなんだろうと、小学生のとき思いましたよ。
            略称という存在自体を知らなかったんだねぇ。

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            点灯消灯でよかったのではなかろーか

            • by Anonymous Coward

              暗くてもスイッチの場所が解るようにとかじゃない?

      • by Anonymous Coward

        世の中に色弱の人がいるって想像力が働かないとついついそういう実装をしがち。
        自分自身、緑の色弱なので、仕事でUI検討するときは口を酸っぱくして言ってる。

        他の肢体不自由者や視聴覚の障害のように外見からは判断できない上、
        自分から敢えて言い出す事の少ない障害だけに、
        UI設計者はもっと想像力を広げて取り組むべきだと思います。

        • by hjmhjm (39921) on 2017年12月10日 12時09分 (#3327021)

          × 色弱
          △ 色覚異常
          ○ 色覚多様性

          個人的には、「色覚多様性」が一番わかりにくいんだけども。
          はたして定着するのか。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          赤と緑を見分けられない人がいるから赤と緑で区別するのはけしからんと言う意見には同意できないな。その論理で行くと、目の見えない人がいるから視覚的な区別はけしからんと言うことになる。

          最近の流れとしては、色で区別するのはいいけど、色以外でも区別できるようにすることを求める方向だと思う。区別する手段は複数あるべき。

          より多くの人が分かるようにすることは重要だけど、自分が分からんものは排除と言うのはどうなのかな?

          • by Super KUMASAN (34209) on 2017年12月10日 6時36分 (#3326937)

            最近の流れとしては、色で区別するのはいいけど、色以外でも区別できるようにすることを求める方向だと思う。区別する手段は複数あるべき。

            元コメは、「色でしか」区別がつかないから、問題視していたのだと思いますが。

            親コメント
            • by nim (10479) on 2017年12月10日 15時37分 (#3327111)

              LEDの赤と緑はおそらく輝度で区別できるのでは?

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                その赤と緑のLEDが近くで同時に点灯していれば区別できるだろうけど
                青と黒のドレスのように人間の視覚は順応するので
                環境の照明が一定でなければ難しいんじゃなかろうか

              • by Anonymous Coward

                ついでに輝度は設計で調整できる要素なので
                「緑の輝度は赤の輝度より高くすること」みたいな合意がなければ
                機器ごとに対応を覚えなければならないのでは?

            • by Anonymous Coward

              #3326646のACや#3326793のACは、色以外で区別できれば問題ないというのだろうか?もし、そうであれば、色以外で区別できるなら、「赤と緑の選択」も許すと書いてもらいたいね。

              最近の世の中は、不都合や不快を感じる人がいるなら、何でもかんでも排除する方向。配慮は必要だが、排除以外の選択肢「も」探す努力をしていかないと、自由が極端に制約された息苦しい世の中になってしまう。

              個人的には、赤と緑での区別を避けたところで、他の色がどの程度区別できるのかが分からないから、色に関しては、区別のためには明暗を利用し、色は使っても色数を少なくしている。モノクロでプリントアウトしても分かるような感じにしているよ。ただし、区別以外では色を使う。

              • by Anonymous Coward

                そもそも言及してないものをなんで「書いてもらいたい」などと要求するのか。息苦しさを作ってるのは君のような要求馬鹿ではないか。

          • by hjmhjm (39921) on 2017年12月10日 12時05分 (#3327018)

            それは極論。

            実際は、色覚異常は多いそうなんだよ。
            人口比で数パーセントだそうだから、あらかじめ配慮しておくのも現実的。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              子供のころ病院で何かの検査を受けたとき初めて、お医者さんから色覚異常ですねーって言われたんだけど
              慰めかどうか、すごく多いんで特別おかしいってことではないんですよ、みたいなこと言ってたな

              個人的なことを言えば、ボタン(スイッチ)の状態どっち!?ってことよりも、
              焼肉が充分焼けてるかどうかの区別つかないほうが人生で苦労してる

          • by Anonymous Coward

            言わんとすることはわかるけれど、色弱の人は20人に一人程度と十分考慮しなければならないくらいに多い。
            盲目の人も考慮できれば尚良いけれども、圧倒的に少ないのでその対応コストなどのバランスを考えてデザインするべきでしょう。

            • by Anonymous Coward

              20人に1人を無視してはいけないが、他の19人にとって都合が良くなることを排除すべきではない。赤と緑の組み合わせの代わりに、青と緑の組み合わせにするなら、その1人には都合が良いかもれしないが、他の19人には青い光を不快と感じる人もいる。それは無視していいのか?

              色は不快に感じない直感的な色にしておいて、色で区別ができない人のために形や配置を工夫する方が、嫌な思いをする人が少なくなると思うけどね。直感的な色と言っても、人によっては直感的でないことがあるわけで、色が区別できればそれで十分という話ではない。

              • by Anonymous Coward

                「不快」なんてのは、「区別がつかない」という実用上の問題とは全然違うね。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...