パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

1993年の486マシンでもLinuxは動く」記事へのコメント

  • slashdotの記事では64MB(SIMM-72って規格だよね)になってたけど
    当時64MB積むってかなり大変な気がする。
    16MBぐらいでも動くものなのかしら。

    • 64Mbyte ってすごい大容量に聞こえるんですが・・

      初めて Windows3.1 を PC-98(286マシン + Cyrix486) で動かした時って
      10Mbyte でした。 2Mbyte の EMSメモリが1~2万円くらいはして。
      (まぁ、当時の Windowsって ただの Windowマネージャみたいなものですが)

      そう思うとLinuxですら今は 64Mbyteも必要なのかと。

      親コメント
      • kernelが2.6になったくらいかしら。
        64MBではカーネルのビルドができなくなってましたよ。
        親コメント
      • Win3.1は98FAにODPで1.6+8+4の13.6MB、HDDは240MBだったような気がする
        親コメント
      • by Anonymous Coward

        当時だと K-ON + muleなら 4MBとかじゃなかったっけ。
        X使っても8MB - 16MBもあれば十分みたいな。

        #いかん、一瞬4"GB"って書きそうになったw

        • emacsが、Lispのリストを省メモリに表現するための小手先の技として、「32bit前提なポインタ変数の上位8bitを別の目的に流用しているため、残りの24bit=16MBまでのメモリしか扱うことができない」ようなプログラムだった時代ですね。

          親コメント
          • by tenokida (42811) on 2018年01月10日 19時45分 (#3342344) 日記

            >32bit前提なポインタ変数の上位8bitを別の目的に流用している
            これは68000上のLisp実装の話でEmacsには限らなかった記憶があるんだが

            ♯アドレスレジスタは32ビットで演算、バスには24ビット分出力(LSBは直接は出てこない)
            ♯上位8ビット分はついて回るんでタグとして利用
            ♯省メモリより高速化目的だったかと

            親コメント
            • by shiba (273) on 2018年01月10日 20時24分 (#3342365) ホームページ
              >これは68000上のLisp実装の話でEmacsには限らなかった記憶があるんだが

              それよりも前からメインフレームの時代からある実装方法で,
              IBMが31ビットアドレッシングを発表したときに大変だったはず.
              親コメント
              • by Anonymous Coward

                Macでも初期は同じことやってて後で困ってたなあ。Mode32というサードパーティのパッチが出たりして。

    • いや30pinSIMMかな。8bit幅なので4個一緒。ペンティアムからバス幅64bitになって72pinSIMMになった。メモリチャンネルあたり2つ以上のモジュール積めたから、スロットは8あると思う。
      16MB SIMMなんてよく手に入れたものだ。
      メモリバスも遅かったから引き回してまとめてスロットがあった。
      カーネルを小規模システム向けにコンパイルする必要があるから、Gentooなのかな。
      なお、当時のLinuxは0.9

      親コメント
      • ああ、この機種は72pinSIMMですね。BIOS画面見る限り64MBでスロット2つですね。
        それで32MBSIMM手に入りやすかったのだと思います。
        ローカルキャッシュらしきランドがある。高級機だぁ
        AMD5x86に換装しているぽい。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          AMD5x86に換装しているぽい。

          あら。
          じゃあ、看板に偽りありっていう感じですね。

    • 1993年当時のSIMMって16MBはかなりレアというか、最上位クラスだったのではないかと思います。
      (単に自分で買えなくて視界外だけだったかもしれないけど)
      95年ころでも、8MBのSIMMを1枚4万円くらいでドスパラで買ったと記憶しています。

      と書いていて思ったのですが、メモリは1993年に一緒に買い揃えたものとは限らないですね。
      「見つけたPCに、探し出してきた16MBのSIMM×6を追加してみた」
      ってあたりが妥当な線ではないかと。
      で、SIMMはPentium時代にバカスカ安くなっていったので、そのころのものではないかなぁと妄想。

      親コメント
      • ミスリード
        32MB×2って書いてましたね。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          > ミスリード

          mislead:
          1a 〈人を〉誤解させる,迷わせる; 欺く.
          2 〈人を〉誤って導く[案内する].

      • by Anonymous Coward

        95年発売のPC9821Xa9(Pentium 90MHz、標準メモリ8MB)に16MBのDIMMを2枚さして40MBで使っていたな。
        「あの」トライサルで1枚27000円くらいで買った記憶がある。(メモリを買ったのは96年かな?)

    • by Anonymous Coward

      当時64MB積むってかなり大変な気がする。

      386sxの頃で1MBのDIMMが1万円くらいしてた
      486だともうちょいマシだったのかな

      64MB載るマザーに16MB DIMM 4枚挿しとか
      マジでいろいろな意味で大変そう

      • by Anonymous Coward

        Pentium クラスでも、MAX 16MB のボードなんて普通だったからな。
        486 で 64MB積めるっていうと、PCサーバー用とかの特殊なマシンな気がする。

        • IBM PS/1 Machine 2133 Model 114 - Computing History [computinghistory.org.uk]

          こちらの記事をみると、IBM PS/1 2133 は最大 RAM 64MB も積めたらしい。BIOS 画面みると 486DX だし、純正メモリが馬鹿高そうだが 1993年としては割とよいスペックだったんじゃないかと。

          # ちなみに OS/Warp4.0 なら 16MB でも楽勝

          --
          カルマ:たっぷり
          親コメント
          • by Anonymous Coward

            16MBでも楽勝というか、OS/2でPMを動かすには16MBないときついという噂が流れて
            それがOS/2スタートダッシュの大きな足かせになった様な記憶がある。

            • ああ MS OS/2 1.x の頃の話ね。16MBないときついという噂は知らんが、当時非常に高価
              だったメモリを DOS と比べて潤沢に要求したのからじゃなかったか。

              OS/2Warp3.0 ではかなり軽量化されて、最低 8MB あれば Workplace Shell が使えた。
              つーか OS/2Warp4.0 がリリースされた当時は Windows95 に惨敗した直後で、企業向け
              にシフトした頃なので、あなたが書いているスタートダッシュとは関係ないね。
              当時のガースナー会長がどうやって OS/2 を終わらせようかと考えていた時代だから。

              # MS 時代の OS/2 には興味ないのでID

              --
              カルマ:たっぷり
              親コメント
        • by Anonymous Coward

          93年発売のFM-TOWNSII MXは486SXで最大100MB(オンボード4+32x3)積めましたし
          翌年以降発売の486系の後継機も最大72MB(オンバード4+32x2)が多かったのでそんな特殊で無い気がします
          私自身も96年頃にジャンク扱いの72pinのNp,70nsの32MBのSIMMを2枚10万近くで購入してFM-TOWNSに刺し
          雑誌の付録のLinux(Slackware)を突っ込んで勉強した記憶があります
          最終的にはFM-TOWNS II Fresh EにAm5x86と72MBとFMR用のLANカードをアダプタ噛まして刺してWindows95までいきました

          FM-TOWNSが特殊と言われると返す言葉がありませんが

          • 初代TOWNSは,メモリは最大6MBまで。CPUは80386DXですが,浮動小数点演算コプロセッサは別売りで10万円ぐらいしていました。

            これでSlackwareを使ってましたが,メモリとコプロセッサがネックになって,X Windowが遅いのなんの。Xの画面になるまでに,少なくとも30分ぐらいは待っていたように思います。

            やってられないので,KON上のMuleでLaTeXの原稿を書き,レポート・卒論・ゼミのLaTeX講座テキストを書いていました。

            特色は,HDDを買わずに,MOディスク(128MB)にSlackwareをインストールして,MOから起動して上記の作業をしていたことぐらいかな。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              それほんとにメモリの問題?MOなんて使ってたからじゃないの?386・4MBのDOS/V機でもHDDがあればけっこう普通にXは立ち上がっていたよ。

              • by Anonymous Coward

                当時のMOはHDDとタメ張れるぐらいに早いよ。書き込みは遅いけど。
                だからOSの起動ディスクとしての使い方は出来た。もっともAT互換機のAdaptec AHA-1542使った場合。

              • by Anonymous Coward

                MOが出た頃はハードディスクもPIOだったことも有り、MOが早いと言うかハードディスクが遅かったと言うか・・・
                しかも初代(というかほぼ全機種の)TOWNSのSCSIしばらく経ってから広まり始めたSCSI2ではなくSCSI1なので更に遅くメモリにウェイトが挟んであったので、同スペックの互換機と比較しても遅い可能性は高かったのでは?と思います

      • by Anonymous Coward

        386sxの頃で1MBのDIMMが1万円くらいしてた

        386sxの頃にDIMMがあったとは驚き

    • by Anonymous Coward

      Gentoo Linuxじゃなければ16MBで動くようなのもありそう

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...