パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

1993年の486マシンでもLinuxは動く」記事へのコメント

  • slashdotの記事では64MB(SIMM-72って規格だよね)になってたけど
    当時64MB積むってかなり大変な気がする。
    16MBぐらいでも動くものなのかしら。

    • by Anonymous Coward

      当時64MB積むってかなり大変な気がする。

      386sxの頃で1MBのDIMMが1万円くらいしてた
      486だともうちょいマシだったのかな

      64MB載るマザーに16MB DIMM 4枚挿しとか
      マジでいろいろな意味で大変そう

      • by Anonymous Coward

        Pentium クラスでも、MAX 16MB のボードなんて普通だったからな。
        486 で 64MB積めるっていうと、PCサーバー用とかの特殊なマシンな気がする。

        • IBM PS/1 Machine 2133 Model 114 - Computing History [computinghistory.org.uk]

          こちらの記事をみると、IBM PS/1 2133 は最大 RAM 64MB も積めたらしい。BIOS 画面みると 486DX だし、純正メモリが馬鹿高そうだが 1993年としては割とよいスペックだったんじゃないかと。

          # ちなみに OS/Warp4.0 なら 16MB でも楽勝

          --
          野党支持者のスラドモデレータはたいてい間抜け
          • by Anonymous Coward

            16MBでも楽勝というか、OS/2でPMを動かすには16MBないときついという噂が流れて
            それがOS/2スタートダッシュの大きな足かせになった様な記憶がある。

            • ああ MS OS/2 1.x の頃の話ね。16MBないときついという噂は知らんが、当時非常に高価
              だったメモリを DOS と比べて潤沢に要求したのからじゃなかったか。

              OS/2Warp3.0 ではかなり軽量化されて、最低 8MB あれば Workplace Shell が使えた。
              つーか OS/2Warp4.0 がリリースされた当時は Windows95 に惨敗した直後で、企業向け
              にシフトした頃なので、あなたが書いているスタートダッシュとは関係ないね。
              当時のガースナー会長がどうやって OS/2 を終わらせようかと考えていた時代だから。

              # MS 時代の OS/2 には興味ないのでID

              --
              野党支持者のスラドモデレータはたいてい間抜け
              親コメント

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...