パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

IT業界が「ブラック」であるかをめぐり炎上」記事へのコメント

  • ホワイトな職場は人の入れ替わりがないし
    以前ほど新規常駐先が発生するわけでもない
    よって、人員の入れ替えが発生するブラックな職場の割合が増える

    IT業界に限らないし自然の摂理的な話でしかないと思う
    • by Anonymous Coward

      うん、IT業界のことはわからないけどたぶんどんな優良企業もブラックに見える人はいるし
      誤解されたら困るけどちょっとセクハラやパワハラに似てる気がする
      流れとか空気よくなったらびっくりするぐらいどんどん減るしみんな中から変わるんだよ
      でももしかしたらなんかちょっと違うこと言ってるかも

      • by Anonymous Coward

        どこの業界でも苦しい思いをしている人はいるだろうけれど、日本のIT業界でもブラックな処の酷さは根の深い構造的と言ってよい問題なんです。
        IT業界は進歩が速いのに、駄目な処は20年前30年前からまるで進歩が感じられない仕事をやっています。当然海外も含めた進んだ処と比べると桁違いに低い生産性しかない。それを長時間の労働と低い給与とお粗末な成果物で誤魔化しているんです。駄目な企業も人も入れ替わる必要があるのかも知れません。

        • 「コンテナ物語」って本が興味深かった。

          昔は「沖仲仕」って呼ばれる人たちが、それこそ積み荷を肩に担いで貨物室に運び込んでた。
          荷物の積み込みに一週間かかることも多かったし、事故の発生率も高く、怪我なんて日常茶飯事。
          毎年死人まで出てた。商品の破損や盗難も珍しくなかった。
          しかも船の到着する予定日がズレることもあるし、到着したら超特急で人を集めて荷物を下ろさないと
          物によっては腐ることもある。だからピーク時にあわせて多数の人間が必用だけど、暇な時は何週間も
          仕事にありつけない不安定な仕事だった。重労働で危険も多いのに、給与は決して多くなかった。

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

処理中...