パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「オウム裁判」が終結」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    秋葉原は当時は今よりもカオス状態で、本物の「バッタ屋」や反社会勢力が跳梁跋扈していた時代でした。

    そんな中に突如として現われたのがマハーポーシャでしたが、
    販売している製品にはあまり特徴が無いし、店員にもあまり知識がなく、
    台湾やら香港やらで容易に入手可能なパーツを、ただ転売したり組み立てて売っていたりするだけのようでした。

    ただ店員のかけ声やビラは非常に特徴的で、店内もPCパーツショップとはかけ離れた
    宗教色に染まっていて、ネタとして行くには面白かった思い出があります。

    • by Anonymous Coward

      多分、こういうスレでは肯定的な評価はあまり出ないと思うんですが、マハーポーシャは全国チェーン(?)で、地方では価格破壊的な要素は少なからずありましたよ。おそらく信者が無給で働いていたんではないかと思いますが。ショップブランドの隆盛が来る前のメーカー品か自作かという時世で、店側が自作PCを作ってそのまま自作できない人に大量に廉価販売する、というやり方は(人件費の面で)他店が真似できない存在感があったと思います。

      • by Anonymous Coward on 2018年01月22日 22時40分 (#3349069)

        そういう信者労働のブラックさについて突っ込まれた宗教学者の島田裕己が

         「普通の企業だって社員を洗脳してよくない待遇で働かせてるではないか」

        という趣旨のオウム擁護の発言を行い墓穴を掘りましたね。そしてしばらく表に出てこれなかった。

        # まあ全面的に間違いというわけではないんですが、学者にあるまじき(あるいは「よくある」か?)勘違い発言でした

        親コメント

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...