パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

小笠原空路計画、機材と滑走路長の悩み所」記事へのコメント

  • 新明和US-2をベースにする旅客輸送飛行艇 [shinmaywa.co.jp]なら施設はエプロンだけでいいので島の自然に与える影響は最小ですみます。

    約1,000kmの距離を、片道約2.5時間で飛行。 丸一日を要する船舶輸送とくらべて、時間を 約1/10短縮することができます。

    実際にはMRJが苦戦しているように、いろいろな証明の取得でとんでもなく大変なことになりそうですが。
    そういえばコアンダ効果を活用するSTOL試験機「飛鳥」なんてものもありましたね。

    --
    Jubilee
    • Re: (スコア:0, 参考になる)

      「エプロンだけ」って訳にもいかんでしょう。1回の運行で毎回真水で洗浄しないといけないから、洗浄装置とよりにもよって離島なのに大量の真水がいる。
      小笠原諸島には飛行艇が離着水できる充分な広さの内水面を持った島がないから当然外海を利用する事になるのだけど、まさか荒れた水面に旅客を乗せて着水する訳にもいかずダイバート続出と。

      ミニマルな離着陸設備前提ならAW609とかがいいんでしょうが、量産が遅れに遅れまくってとうとう小笠原航路でも採用の話すら出てこなくなったのね……。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...