パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

北極の氷に膨大な量の水銀が含まれることが判明。温暖化で溶け出す可能性も」記事へのコメント

  • 地球科学39(2005)「土壌からの水銀発生量とその変動要因」 [geochem.jp]

    大気中水銀の人為的な発生源には化石燃料の燃焼,ごみの焼却処分,金採掘等が挙げられ
    るが,火山活動や地熱地帯の噴気,海洋,土壌,森林からの揮発等の自然的な要因によっても発生することが知られている(Nriagu, 1989)。その全球発生量は火山活動等から約1,000ton yr-1(Varekamp and Buseck, 1986),海洋から約2,000ton yr-1(Mason et al., 1994),土壌や森林などの陸上生態系から最大2,000~3,000ton yr-1(Carpi and Lindberg, 1998;Lindberg et al ., 1998)と推計されている。これらの値は人為的要因による発生量2,000~3,000ton yr-1(Pirroe et al., 1996)と同程度であり,自然的要因による大気中水銀への寄与は比較的大きいと推察される(丸本・坂田,2000)。とりわけ,単位面積当たりの水銀発生量は,海洋に比べ土壌や森林等の陸上生態系において大きい可能性がある。
     欧米における研究結果から,土壌から発生する水銀量は土壌温度の上昇に伴って増大することが明らかとなっている(Siegel and Siegel, 1988; Lindberg et al.,1995)。また,日射の影響により下水汚泥の混入した土壌から発生する水銀量が増大する結果を得ている(Carpi and Lindberg, 1997)。さらに Lindberg et al.(1999)は,砂漠地帯において降雨により土壌中の含水率が1%から6%に増加したときに,水銀フラックスが約6倍高くなることを報告している。

    なので、将来的に北極の氷が溶けだして水銀量が増える心配はしてもしょうがないかなと思っている。特に日本は火山国なので、あちこちの噴気地帯から毎日水銀は出続けているけど、ニュースにはならない。

    # せめてタレこむならリットル表記にしてよ

    --
    野党支持者のスラドモデレータはたいてい間抜け

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...