パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

スチールやチタン合金に匹敵する「スーパー木材」」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    リグニンをアルカリで溶かすんならチップにしないでそのままの形で製紙するようなものだろ?
    バラさずにセルロースの塊をつくるということかな?
    細胞壁を潰したら断熱性がなくなるようなきがするけど
    シリコンとか浸透させて穴だけ残せないのかな?
    グリコシド結合はナニゲに共有結合だから結構強力なんだよね
    ナノセルロースより安上がりだろうから結構面白そうだな
    特に建築用資材は安いに越したことはない
    また複合材料化することで防弾、防爆性が大幅に向上すると考えられるから
    いまだにトラックにホロ使ってるところがパネルに切り替えるいい口実になるかも
    ホロは結構風はいるからな…
    さすがに火山弾は防げないだろうけど

    • これって、軽くて防御力の高い戦車や装甲車向けの装甲に使われませんかね。

      いまどき。と言っても、1970年代以降に実用化された戦車の殆どには、セラミックを使った 複合装甲 [geocities.co.jp]が、まずはミサイルや歩兵の持ってるロケット弾への防御力を飛躍的に高めるために使われてるのですが、
      # 最初に実用化したのは、ドイツやイギリスではなく、ソ連のT-64だったと言われてますが。

      セラミックだけで層を構成するのだと高速で突っ込んでくる徹甲弾には砕けてしまってほとんど防御効果が出せないから、チタンなどで作った「枠」にセラミックを押し込

      --
      --暮らしの中に修行あり。
      新しいblogはじめました。 [hateblo.jp]

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...