パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

既存の線路を走行できる磁気浮上鉄道」記事へのコメント

  • > レールや車両は従来のまま、車輪をスライダーに交換することで時速500kmを実現可能の見込み。
    従来の最高速度100km/h程度から速くて300km/h程度で設計されてる設備(地上、車両共)で、それ以上の速度で走らせることなんかできるはずがないよな。

    • by Anonymous Coward

      今までより遥かに速いということはカーブでの遠心力が今までより大きくなるということで、
      それをビデオに映っている車輪でレールに伝えるとなると、レールが外れないか心配だな

      まあ、一番の疑問点はどうやって前に進むかだけど。
      エンジンでも積んでシーネンツェッペリン [youtube.com]みたいなのをやるつもりなのか?

      • 新規路線で適切に設計すれば、理屈の上では500km/h対応の線路は作れると思う。で、リニアモーター推進だろ。
        むしろ線路側は従来のまま細工なしってことは車上一次方式だから、仮に500km/h目指すとしてどうやって車両に給電するのかがすごく気になる。パンタ給電で500km/h超は一応TGVがやってるけど、アレは営業運転の参考にはならんだろうし。

        • by Anonymous Coward

          リニアモーターとは誰も言ってない

          • できるかどうかは知らんが、リニアモーターくらいしか選択肢ないと思わん?

            • 鉄輪の転がり抵抗より減るなら電気機関車で引っ張ってもいいんじゃない。
              貨物輸送とかはかどりそう。
              どのみち時速500kmで走らせるのは既設路線のカーブじゃ無理だろうし。

              にしてもこれ、マイスナー効果でレール上にピン止めって感じの話なんかねぇ。
              途中で断念か、結局既存設備は使い回せませんってなりそうだけど。

              --
              スルースキル:Lv2
              Keep It Simple, Stupid!
              親コメント

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...