パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ESA、空気を推進剤に使う低高度衛星向けイオンエンジンを開発」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    はやぶさみたいなのとは全くシチュエーションが違うけれど、これはなかなか便利なんじゃないか。
    少なくとも空気抵抗以上を稼げるなら低高度の衛星の寿命が飛躍的に伸びるんじゃないか。
    確か衛星の寿命って相当推進剤に支配されるでしょ。空気抵抗があれば高度も落ちるし。
    やたらとでかいけど普通の衛星に気楽に載せられるくらいになればコストダウンになりそうだ。
    イオンエンジンだから明日までに向き変えてとかには使えないかもしれないけど。

    • by Anonymous Coward

      普通の衛星が飛ぶ高度では大気が希薄すぎて使えないんじゃないか

      • by Anonymous Coward

        空気抵抗による抗力は空気密度に比例し、
        イオンエンジンの推進力も密度に比例するので
        大気が希薄なことは、衛星を落とさないためには問題にはならないかと。

        一方、対大気速度が速いと抗力は2乗で増加し推進力が減少(または1乗未満で増加)するので
        公転速度の遅い高高度のほうが都合がいい。

        ただ、高高度では普通のエンジンでも十分長寿命だとか
        太陽風のような力には結局対応しづらいとか
        空気推進エンジンが重すぎて打ち上げコストがかかるなどで
        当面のターゲットは低軌道になるんじゃないかな。

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...