パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

コレガの無線LANルーター「CG-WGR1200」に脆弱性、対策の予定なし」記事へのコメント

  • 水牛と馬鹿にされるBUFFALOは比較的古いルータや無線機器でもファーム更新を行いますが、コレガはあっさりサポートを切るんですよねぇ。
    この話題になっているルーター、2013/6発売でファーム最新版が2014/6/5。
    全く手を入れる必要が無い完璧な製品なんて無いと思っているのですが、コレガはそう思っているのかなと思うしかないサポート体制なんですよね。

    ただコレガがそういうサポート体制なのは昔からなので、知っている人は避けるべきメーカーだと分かっている筈ですが……手頃な価格で買い求めるのは素人さんだという。
    相談されたら「止めとけ」ってアドバイスしますが、店員は知ったこっちゃないでしょうし、そもそもそういうメーカーだという知識も無さそうだし。
    いやはや困りましたね。
    #親であるアライドテレシスではこんな商売はしない……よね?w
    • by Anonymous Coward on 2018年03月13日 12時23分 (#3375278)

      アライドテレシス社コレガ事業部になってマシになるかと思ってたんだけど…。
      再独立してたのか。

      アライドテレシスの評判にも響いているので、主要株主として何とかしてほしい。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        アライドテレシスのサポートもクソなので、問題ありません。

        #高いサポート料を取っておきながらトラブルの調査を依頼すると「テスト環境で再現できましたが、企業秘密が含まれるので解決方法は案内できません」とか言ってくるとか。
        #サポート契約をすると一台一台にチケットを発行して、ご丁寧に一枚一枚封筒に入れて、それ全てWebページに入力しないとサポートが有効にならない。社内ネットワークで使うとなれば100台オーバーになることもあるのに、それをユーザにやらせる。
        #特定バージョンのJavaでしか開けないスイッチの設定Webとか。
        #高い金出して導入したからしばらく使うけど、何年か先に更新するときは他社に変更することにしています。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...