パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

マンションに謎の水装置を導入されそうになったらどうすれば良いか」記事へのコメント

  • この「NMRパイプテクター」は、20年以上前からある国内最大級の詐欺商法で、埼玉県下水道公団・陸上自衛隊なども被害に遭うほど功名な悪徳商法です。国内外で3800棟以上の建物で採用されています。

    あちこちの学者・自治体・その他に裏金をばらまき、いんちきな実証報告をさせるなどしており、効果があるとする論文も実証結果もあります(おそらく不正・データの改ざんなどがあると思われますが)。
    しかし、効果がないことを立証するのは困難なので、下手に戦おうとしていんちきだという文章を公開すると逆に敗訴し、損害賠償を支払うはめになる可能性があります。
    北海道マンション管理組合連合会ばかりか、日本赤十字社・JICA・その他公的機関までが詐欺に加担させられています。

    この詐欺と戦おうとしたお茶の水女子大学の天羽准教授も、 当社及び米国機関より名誉毀損及び営業妨害で刑事告訴すると脅され [cml-office.org]、NMR [cml-office.org]

    • by Anonymous Coward on 2018年03月14日 4時02分 (#3375820)

      お茶大学天羽准教授 [cml-office.org]によると、

       この会社については、これまでに2回、公取に通報しています。しかし、現状の法律では、公取が動けません。景品表示法が対象としているのは、一般の消費者に対する表示です。日本システム企画株式会社の営業相手は、マンションなどの「管理組合」ですので、一般消費者相手の表示であるとみなされないためです。「管理組合」といっても、担当者の科学知識は一般消費者と大して変わらないことの方が多いのですから、優良誤認が生じる可能性は一般消費者と同程度でしょう。景表法の不備だというのが私の認識です。ただ、私が景表法改正のためのロビー活動までやる余裕はないので、この問題に気づいた方で法改正につながっている方がいらっしゃいましたら、ぜひ現状の問題点として立法府に上げていただきたく思います。また、今後、この問題に関するパブリックコメント募集などがありましたら、ぜひ協力して、より広い範囲の表示を取り締まる方向のコメント出すよう、ご協力をお願いいたします。

      親コメント

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...