パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「田舎」と都会には教育・文化格差がある?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2018年05月02日 18時13分 (#3401865)

    うーん…。
    地方、ってひとくくりにするよりも、もう少し別の分析があるんじゃないだろうか。
    都会と地方、と言うよりも、同じ地方でもかなり格差があるんじゃないだろうか。あるいは、特定の地方に存在する問題なのでは?

    とある人口15万人ぐらいの地方都市なんだけど
    ・高校の学区に普通の大学はなし(女子短期大学はある)
    ・専門学校はかろうじて1件あるが、30人ぐらいしか進学しない
    ・公立美術館は1件しかない
    ・図書館は各市区町村に1館ぐらいの割合
    ・本屋は大型の郊外型書店に駆逐されて衰退しました。ただいま郊外型書店はネット書店に駆逐され中
    と言う環境。
    でも、卒業生のほとんどが域外の大学に進学する進学校が3校あり、域内の高校からの進学率は75%で、4年生大学に限っても45%あり、ほぼ全国平均程度はあるんだよね…。
    工業高校や農業高校もあるんだけど、その卒業生も4割弱ぐらいは大学に進学する。

    なので「大学を「高校の次に進む学校」として捉える機会がない」とか、「文化と教育への距離が絶望的に遠いがゆえに、それらを想像することじたいから疎外されている」という事も感じないんだよな。

    #そんで、出て行くと35歳ぐらいまでに半分も帰ってこないと言う問題はあって
    #そのせいで高学歴が必要な職業の充足率が0.3を切ってるとかすごい事になってる…。

    • 10代地方者の閉塞感は彼らの行動範囲にも寄るでしょうね。

      私も高校生までは自転車と電車(鈍行)がメインだったので「どこまで行っても田んぼ!田舎には何もない!」と憤っていましたが、
      大人になったら車、バイク、新幹線でその気になれば簡単に都市部に行けるので田舎暮らしでもあまり不自由を感じなくなりました。

      なお地元は静岡だったんですが、20年前時点でも人口8万人の町にしては文化・情報がそんなに遅れていないな、という印象でした。
      東名高速・国道1号・東海道新幹線と東京~名古屋以西への物流網が通っているので情報も落ちていくのかなと思っていました。
      進学や転勤で色々な土地へ行きましたが、都市同士の流通網から外れている地方は情報の伝播も遅れる印象です。


      なお東京暮らしもしましたが、いざ東京!と着いてみたら葛飾区や東村山市など、町工場や畑・森ばっかりで愕然とした思い出。
      親コメント
    • 筆者の成育環境のくだりを読んでいると、田舎というよりはむしろ(地方)都市の下町~スラム街のことを語っているようにも読めました。
      釧路は炭鉱の町だったから、流れ者が溜まるような地区があるのかなあ、そういうところの出身ならそうかもなあ、と思いました。

      格差を語る視点としては決して悪くは無いものの、いわゆる(のんのんびより的な)田舎と都市との格差を議論するにはちょっと性質が違う、という気がしました。

      本当のど田舎の住民(百姓とか漁師とか)ってつまりは自営業で農協、漁協にも出入りするし、地方の教育は農学校・水産学校が核になっていたりして、なかなかかしこくてしたたかなんですよね。

      親コメント
      • 私はその田舎者の東大生よりは20年年寄りで、東京の多摩に住んでいて、
        中学校の頃、「都内に住んでいないからヤンタン東京を見にも行けない」
        とかふさいでいたり、自転車でデパートの本屋に行ったりしていましたが、
        私には大学しか有りませんでした。地元は「たまこまーけっと」みたいな
        自営の商売人が(恐ろしく)幅を利かせていて、それ以外の道は有り
        ませんでした。

        別に東大に行けたわけでもなく(明らかに東大とかの2次試験は「段差」が
        有りました。)なんですが、外に道が無い人間の「覚悟」が田舎と違うとか
        いうならそうでしょうとも。

        まともな美術館に行くには、着替えてから2時間は見ないといけないし、
        73系だって走っているし、そんな転動を幼稚園の頃から食らっていれば、
        そりゃ慣れるでしょうし、
        それを無条件に良しとするのは田舎もんの無神経さとしか思えないですねー。

        #のんのんだってひかねーは高校から東京に行っているじゃないですか!!!

    • by Anonymous Coward

      情報を限定的に提示しているので、想像ですが、

      >とある人口15万人ぐらいの地方都市なんだけど

      まずもって、「人口15万人ぐらい」って、関東や関西の人口集中域から外れた地方では昭和時代には百貨店の支店があるような『その地域の商業圏の中核都市かそれ以上』になります。
      「人口15万人ぐらいの地方都市」と言っている時点で、貴方の「『地方』観」はすでに「都会バイアス」に毒されています。

      >・本屋は大型の郊外型書店に駆逐されて衰退しました。ただいま郊外型書店はネット書店に駆逐され中

      「大型の郊外型書店」は書店単独

      • まぁ人口300万あってもほとんど隣のもっと大きな都会のベッドタウンでしかない都市もあれば、15万くらいでも地域の中核になってるところもあるでしょうから、具体的にどこって話をしないと意味ないですよね。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        いや、批判や否定しているつもりじゃなくて、俺の所も似たような感じなのに、どうして違いがあるのだろうって事が知りたくて書いてみたんだよ。
        俺も東京と地元しか知らないから、あなたみたいに他の地方に対してここが違うんじゃないのってコメントは大歓迎。

        >人口15万人ぐらいの地方都市」と言っている時点で、貴方の「『地方』観」はすでに「都会バイアス」に毒されています。

        人口については釧路市は17万人都市なので、話題になっている釧路圏の方が人口は上なんだよ。一応。 ただ、俺の地方の方が20歳以下の人口は多いみたいではある。

        >「大型の郊外型書店」は書店単独の店

        • by Anonymous Coward

          釧路市の面積が香川県の7割くらいあるので、
          すべてが一様なわけではないでしょう。

          著者も高校から市中心部に出てきて気がついたのだから。

          • by Anonymous Coward
            釧路市の面積の半分は合併した阿寒町で半分の半分は飛び地の音別町なので
            普通に釧路市と言われてイメージされる範囲はそんなにないです
    • by Anonymous Coward

      何が言いたいかって言えば抱えている問題は地域ごとに違うし多種多様。実際この記事を書いた人のような人も多いのでしょうし。十キロメートルも移動すれば都市の状況は大きく変わる。だけれどもきめ細かい対応は難しい。なんかなんとも言えない複雑な気持ちになるねって話かな。
      あとはアマゾンがあっても楽天があっても意味はないんだよね。結局ECサイトは現状では求めているものを提供する。ほしいとも思わないものは押し付けてこない。利用者のデータが集まる前だと基本的にあの手のサイトはまず娯楽物をプッシュするし。実際頭がいいのに勉強するって発送がない人

    • by Anonymous Coward

      暇だったので、色々読んでみました。
      正に、地方とも地域格差とも一括りにできない個人の話を、無理やり一般化して書いた記事だと感じました。
      このblogが一番自分の理解に近いものです。
      http://tonishi0610.blogspot.jp/2018/04/blog-post.html [blogspot.jp]
      http://tonishi0610.blogspot.jp/2018/05/blog-post.html [blogspot.jp]

      父親が1925年に国後島の生まれ、60代の時の子。
      地域トップの高校に通って、一家で東京に引っ越しして浪人、東大、大学院、フルブライトもらって今はNY留学中。
      書いてる記事

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...