パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「田舎」と都会には教育・文化格差がある?」記事へのコメント

  • 演劇などは (スコア:5, 興味深い)

    by kawakazu (45966) on 2018年05月02日 19時22分 (#3401916) 日記
    田舎では中々見れないものな気がします
    劇場とかは都市部にしかないですしねえ

    演劇に関して言えば日本は学問として認められていな感じはしてます
    日本の大学で ちゃんとあるのは日本大学芸術学部 [nihon-u.ac.jp]ぐらいでしたっけ?
    Wikipediaをみると [wikipedia.org]演劇を学べるところは結構ありますね

    音楽もライブとか気軽に行けるとか
    気軽さがない田舎だとちょっと落ち込むのは分かりますが
    格差と言われるとちょっと言い過ぎな気がします
    • by Anonymous Coward

      高校生ジャズとかで有名なのも大都市ばっかりですね。
      結局、そういうことにうつつを抜かせるだけの余裕が"大都市住民の特権"というだけの話。

      • by Anonymous Coward

        余裕てのじゃなくて人工密度。ニッチ/マイナーなことには人工密度が大きく作用する。
        やってる人が0.1%なら、百人だといない、千人だとボッチでも、 1万人ならグループ、 10万人ならフェスだって可能かもしれない。
        手が届く範囲にどれだけいるかが重要になってくる。

        • by Anonymous Coward

          >人工密度
          教育レベルが低そうw

      • by Anonymous Coward

        推論が、雑すぎるだろ。

        余裕のある人(これって、経済的?時間的?)の割合が同じでも、
        人口密度の問題で、都市部のほうが、人を集めやすいだろうから、
        こういったショービジネス分野では、都会の方がやりやすいってだけな気がするよ。

    • by Anonymous Coward

      演劇って言葉の範疇による
      能や狂言、歌舞伎なんかや、海外の古典(シェークスピアの戯曲など)は文学と民俗の両面から研究されてる
      大衆演劇ぐらいまではその範疇かな

      まあ第三世代(いわゆる小劇場)や第四世代(キャラメルボックスや新感線)以降は新しすぎて、体系だった研究は難しいだろうね、当事者が現役だから今後も変化があるかもしれないし

      #第三世代の野田秀樹が劇団を解散した後の作品を集めた「解散後全劇作」には、「この作品は古典と呼ばれるのだろう」みたいな帯がついてて、何だかやるせない気がした記憶(あくまで個人の感想です)

    • by Anonymous Coward

      演劇にしてもLiveにしても格差は大きいですよ。
      その他の文化施設にしても。

      もちろん、自然の中にいることで知ることができることとのトレードオフということはあるでしょうが、情報量、密度、という面では格差はかなりあると思います。

      • by Anonymous Coward

        > 自然の中にいることで知ることができることとのトレードオフということはあるでしょうが、情報量、密度、という面では格差はかなりあると思います。

        あんまり関係性ないけどちょっと思い出したこと。

        倉本聰が昔、東大に行くよりも富良野にいるほうがはるかに勉強になるとか言っていたんだが(それで富良野で演劇塾をやっていた)、
        本人は麻布→東大というありがちな経歴の持ち主で、田舎で青春時代を過ごすということについて実体験を持っているわけではないから
        倉本の富良野賛美については割り引いて考えなければいけないなあと昔から思っていた。
        演劇を見る方もそうだけれども、書く方としても、都会で生きていかなければいけない人間の目線が必要じゃないかと思うんだよね。素人考えだけど。

    • 逆に演劇もライブも興味ない人にとっては都会は無駄に家賃が高いわ治安も劣悪だわ、あんまり価値が無いんですよね。

      • by Anonymous Coward

        都会と田舎の中間で暮らしてるものからすると、決してそんなことはないよ。

        都会に住む人は、知らず知らずのうちに、都会者の考え方になる。
        街を構成する様々な情報に自ずと適応できるようになり、物事を多面的に捉える習慣が身についてくる。
        生活上で選ぶことのできる選択肢の数、バリエーションが田舎の比ではない。
        これは幸せなことだよ。都会のお嬢ちゃん、お坊ちゃんが垢抜けてるのは故あってのこと。

        田舎にだってバリエーションはあるじゃないか、というかもしれないが、
        農村は農村、漁村は漁村で、正直どこも似たようなもの。極端に言えば、収穫物と暑さ寒さが違うぐらい。

    • by Anonymous Coward

      田舎では中々見れないものな気がします
      劇場とかは都市部にしかないですしねえ

      高校演劇 [wikipedia.org]は都市部に限らず各地で盛んですから、地域格差があるとは思えません。

      劇場で直接見ることにこだわらなければ、WOWOW [wowow.co.jp]や

      • by kawakazu (45966) on 2018年05月05日 9時11分 (#3402869) 日記

        臨場感は失われますが、どんなものか雰囲気は十分わかると思います。

        臨場感が得られない体験型のものって本当に楽しいですか?って私は思います
        舞台なんかは特に映像になってしまうとその舞台全部を体験できないと思いますよ

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          臨場感が得られない体験型のものって本当に楽しいですか?って私は思います

          想像力があれば臨場感が少なくても楽しいですよ。
          演劇に限らず、ほかのエンターテイメントやバーチャルリアリティでも。
          本当の楽しさが何を指しているのかはわかりませんが。

          演劇に限って言えば、 ゴキブリコンビナート [hatena.ne.jp]なら臨場感が大切だと思いますが、なくても楽しめる舞台も多いと思います。
          映画館で演劇を観る

          • by kawakazu (45966) on 2018年05月09日 10時05分 (#3405050) 日記
            8割?って感じですが
            すごい感受性のある方だなあという印象です

            最近やっと能や歌舞伎の面白さとかが実際の舞台を見てやっとわかった人間としては
            映像による凄さとか感じ取れないです

            芸術系の感性がない人間みたいですね 私は
            親コメント
          • by Anonymous Coward

            あなたがどこにお住まいかは判らないが、運よく演劇の楽しさを知ることができたからこそ、そうやって能動的に楽しめる。
            都会には色々な娯楽施設があるし、それらの手引きをしてくれる友人や知人が周囲にいるので、楽しみ方を知る機会が絶対的に多い。
            一口に演劇といっても、内容は千差万別であることも当然知ることができる。
            ソフト化されないようなアングラ物や、知られていない若手の舞台も観ることができる。
            観ないにしても、「そういう世界があるのだ」ということを体感することができる。これが重要。

            田舎にゃ映画館も無けりゃDVDも売ってないわけで。そもそも演劇に触れる機会がない。勧める人もいない。
            演劇など自分には関係のない話だ、興味がない、となる。
            演劇と耳にして、素人やくざ芝居と宝塚と劇団四季しかイメージできない田舎者は少なくないと思うよ。

            #地方格差の具体例については、スラドに出入りするアニメファンや元ナイコン族が語ってくれると思うので割愛。

            • by Anonymous Coward

              あなたがどこにお住まいかは判らないが、運よく演劇の楽しさを知ることができたからこそ、そうやって能動的に楽しめる。

              演劇の楽しさを知ったのは、劇場に見に行ったからではないので、直接劇場で見ないと楽しさがわからない、という一連のコメントは理解できません。
              ドラマを見て脚本が気になって、宮藤官九郎作や三谷幸喜作の演劇の DVD を TSUTAYA で借りて観るとか、
              担当のアイドルが出演した舞台を DVD で観るとか、
              高校演劇の映画(小説)「幕があがる」を観た(読んだ)とか、
              きっかけは様々で、劇場で直接見ることは必ずしも必要ではありません。

              都会には色々な娯楽施設があるし、それらの手引きをしてくれる友人や知人が周囲にいるので、楽しみ方を知る機会が絶対的に多い。

              逆に自分の趣味にあわないものを勧められて二度と見なくなることもあるのでは?

              一口に演劇といっても、内容は千差万別であることも当然知ることができる。
              ソフト化されないようなアングラ物や、知られていない若手の舞台も観ることができる。
              観ないにしても、「そういう世界があるのだ」ということを体感することができる。これが重要。

              東京は小劇場の観劇人 [fringe.jp]

            • by Anonymous Coward

              都会には色々な娯楽施設があるし、それらの手引きをしてくれる友人や知人が周囲にいるので、楽しみ方を知る機会が絶対的に多い。

              芝居に興味を持つなら、知り合いにサブカル好きがいることの方が、住んでいる地域よりも影響が大きいと思います。

      • by Anonymous Coward

        ぐぐって調べた実感のない数字だけの話だろ?

        田舎も都市部も差がないなら、なんでお前らは大都市を志向するん?
        格差はないない言ってるヤツら、前らはどこに住んでるんだ?

        これが全ての答えだろ。

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...