パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

九州電力管内、太陽光発電による発電量が受け入れ限界に近づく」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    おせーな おい

    • by Anonymous Coward on 2018年05月08日 11時28分 (#3404475)

      なにその去年のESの午後II問題 [ipa.go.jp]

      # 上のリンクはpdfですので

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        マジでこういうの欲しいよね>余剰電力を使った水素工場

        誰かやらないのかしら。

        • by Anonymous Coward

          ドイツなんかでは風力発電の余剰電力で水素を作ってガスパイプラインに混ぜて流したりしているらしい。

          • by Anonymous Coward

            水素と空気中の二酸化炭素からメタンを作って流してるんじゃ?
            水素単体だと、パイプラインから大分漏れると思う。

            • by Anonymous Coward

              ホント電力が有り余ってるならメタンを合成して欲しい
              素のまま都市ガス原料や工業原料に使えるし、CO2も減らせる
              低コストでメタンハイドレートにすることができるから水素よりもかなり安全で安価に貯蔵できるんだよなあ
              大手都市ガス会社とかマジでやらないかな
              CO2排出権で困ってる会社から処理費取れれば2度美味しいし

              • by Anonymous Coward

                メタンは強烈な温室効果ガスだからな。パイプラインから漏れてる量だけでCO2の排出に匹敵するって話もあるし。

              • by Anonymous Coward

                それならいっそのこと最初から送電網に接続しないでメタン合成プラントの電源にした方が良かったかも

              • by Anonymous Coward

                工業原料ならメタンよりエタンやエチレンを作った方がずっとお得だろう。そのまんま石油化学プラントに突っ込める。

            • by Anonymous Coward

              詳しくは知らんけど、都市ガス(COとH2)を流せるパイプラインならあまり問題ないんじゃないの。

        • by Anonymous Coward

          水素工場がどういう仕組みなのかは知らないけど、基本化学プラントは24時間稼働しっぱなしにしておくのが効率がいい。
          いったん稼働を止めてしまうと、次に再び生産させるように持っていくまでが大変。
          発電量余った時だけ稼働もしくは増産させるとなると、そういう条件に合わせた設計を構築する必要があるだろう。
          化学工学とかそっち分野に期待してれば何か出てくるかも。

          まぁ揚水発電や水素の自家消費でもすれば24時間安定稼働も出来そうだけど、正味でそれで利益になるかはわからん。

      • by Anonymous Coward

        電力屋とガス屋の仲が良かったら「ウチで余った電気を使って水素を作ってみないかね」なんて事が出来たのかな。

        • by Anonymous Coward

          博多じゃ九電がガスを売り西部ガスが電気を売っているような有様だからなあ

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...