パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

多数の不当な懲戒請求を受けた弁護士ら、請求者に対し損賠賠償請求へ」記事へのコメント

  • 「佐々木弁護士によると「10~30人くらいのまとまりで、ランダムに訴えようと思っています」って。
    扇動したWebサイトの方を訴えるならば分かります。責任が重いですから。
    請求者からランダムに訴えるでは,そのことで懲戒請求ができるのではないでしょうか。
    とても弁護士の発想とは思えないです。

    • by Anonymous Coward

      そもそもの話なのですが扇動した人たちは、とりまとめはしたものの懲戒請求をしていないので、今回の動きの対象になりえないのです。
      そして安心してください。扇動した人たちに対する行動はまた別に行うと宣言していますよ。

      • 政府は根拠のない批判に対して反論はしますが,あまり訴えたりはしません。
        公的な立場にある人は,批判に対して,説明と我慢が必要です。
        今回の場合も関係ないことを説明すべきです。それでもやめないようならば,場合によっては提訴もあるかもしれないとは思います。
        いきなりの提訴は,疑わしいことに対して懲戒請求をさせないことに繋がりますので,弁護士側が裁判に負けたら,本当に懲戒ものだと思います。

        • by Anonymous Coward

          >公的な立場にある人は,批判に対して,説明と我慢が必要です。
          まず今回の事件は「批判」では無いのを理解しよう。
          「コイツは犯罪者だ」と告訴(懲戒請求は告訴と同等の扱いだ)したんだ。
          「セクハラ罪」は無くとも(迷惑条例違反にはなるから「対応法は無い」とは言えないが)「虚偽告訴罪」は立派に有るからな。

          •  間違った情報に基づいているかもしれませんが,「虚偽」ではないと思います。
            「虚偽」と言うためには,申請者がその事実が嘘と知っていた必要があります。
            ただ,申請者は信じ切っていたと思います。

             告訴と同じならば,告訴した人を「業務妨害」の民事で訴えていいのでしょうか。「名誉棄損」の刑事ならばまだわかりますが。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              間違った情報に基づいているかもしれませんが,「虚偽」ではないと思います。

              法律の世界でそんな甘えは許されませんよ。
              たとえば、契約違反を犯したとして、「悪気がなかったから勘弁してね」が通用すると思いますか?

            • by Anonymous Coward

               間違った情報に基づいているかもしれませんが,「虚偽」ではないと思います。
              「虚偽」と言うためには,申請者がその事実が嘘と知っていた必要があります。
              ただ,申請者は信じ切っていたと思います。

              つまり情報が間違っている可能性を考えなかったということですね。申請者の過失でしょ。

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...