パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

多数の不当な懲戒請求を受けた弁護士ら、請求者に対し損賠賠償請求へ」記事へのコメント

  • 「佐々木弁護士によると「10~30人くらいのまとまりで、ランダムに訴えようと思っています」って。
    扇動したWebサイトの方を訴えるならば分かります。責任が重いですから。
    請求者からランダムに訴えるでは,そのことで懲戒請求ができるのではないでしょうか。
    とても弁護士の発想とは思えないです。

    • by Anonymous Coward

      法の下の平等といいますのは、国家と国民の間でのお約束です。
      検察官、裁判官は公人であり、公権力を行使しますので法の下の平等に拘束されます。

      他方、弁護士はそうではありません。
      私人です。

      •  #3408038 に書いた通り,これは私の誤解です。もっとちゃんとした職業で,中立性や公正性が規則が決まっているのかと思っていました。
         ただ,それならば,弁護士の懲戒を弁護士会が行うのはおかしいとは思います。
        対立する警察はだめとしても,地方自治体が行うことが良いと思います。弁護士法の改正が必要と思いました。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ただ,それならば,弁護士の懲戒を弁護士会が行うのはおかしいとは思います。
          対立する警察はだめとしても,地方自治体が行うことが良いと思います。弁護士法の改正が必要と思いました。

          そして、地方自治体を訴えた裁判の弁護を担当した弁護士が、相手の地方自治体から不当な懲戒を食らうんだ。

          怖いね、素人って。なぜ現在の弁護士自治が成立したか理解せずに好きかっていうから。

          •  弁護士が,こんなこと(実際の損害の100倍ぐらいを請求)をして,信用を失って,怖い道に行くのだと思います。

            親コメント
          • by Anonymous Coward
            そりゃー自治なんておおむねロクなもんじゃないからね
            地方自治体でさえ中央官庁と比べたら汚職まみれなのに
            業界団体自治なんてね
            せいぜいテロリストの匿い・支援行為が野放しになってる大学自治よりはマシってレベルだろ

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...