パスワードを忘れた? アカウント作成

スマートキー車でエンジン停止忘れによる一酸化炭素中毒が起こるリスク」記事へのコメント

  • そういう車はエンジンがかかっていると乗ってて気づかないぐらい静かなの?
    だとするとフィードバックが無くて怖いね。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2018年05月17日 8時27分 (#3409699)

      記事ではスマートキーが原因となっているけど、本当の原因はアイドリングストップな気がする。
      アイドリングストップ中でも電圧が下がってくるとエンジンが再始動するから、切り忘れて長時間停車しているとエンジンが停止している状態から再始動する場合がある。

      スマートキーでもエンジンを停止するのは車側に付いてるボタンを押す必要があるんだから、普通のキーと操作がそう変わるもんじゃないしね。

      • あぁなるほど。
        アイドリングストップでエンジンが自動停止しただけなのを、自分で「切った」つもりになってしまったのか。
        従来のキー型ならキーを抜く操作があるから実際にそこで切れるが、キーレスの場合その操作がないから勘違いしたまま。
        で、寝ちゃって、エンジンが再始動した時には気付けず、一酸化炭素が回ってくるわけか。

        • by Anonymous Coward

          そういうケースもあるのかもしれませんが、今回の話は違うようです。
          ドライバーがエンジンをかけたまま車をガレージ内に放置して、一酸化炭素が充満、という状況。
          なので、ドライバーは車を離れています。
          車外に出るとエンジン音が聞こえない車というのは少なくなさそう。
          エンジン切った後冷却ファンがしばらく回るタイプのものは、ファンの音と勘違いすることもあるかもしれない。

      • by Anonymous Coward on 2018年05月17日 14時07分 (#3409929)

        アメリカでは、シャッターもあったりするガレージが多く、
        駐車した状態でエンジンが掛かっていて住宅内にまで一酸化炭素が入り込むそうです。
        #きっとアメリカに住んでいれば、わざわざ書かなくても分かるんだろう。
        #ソース無くてすまぬ。

        なので、この件に関してはやはりスマートキー(エンジンONかわかりにくい)と車の静音性の問題でしょう。
        通常の鍵なら差しっぱなしで判別できるし、アイドリングストップしてなくても静かで気付かないケースがある、
        といったことから、主原因はスマートキーの問題でしょう。
        (アイドリングストップって静音性の程度問題)

        日本でも同じような事例が0とは考えにくいけど、密閉式のガレージが少ないとか、
        住宅の気密性も良くないものが多い、とかの理由で問題視されていないだけだと思う。

        • by Anonymous Coward

          確かに多いかも。
          あと、リモコンで車内から開閉可能でバイザーとかに挟んであったり。

          エンジンONではスマートキーでドアロックはかからないのでシャッター付きガレージだとドアロックしないみたいな運用なんですかね。

    • by Anonymous Coward on 2018年05月17日 8時09分 (#3409686)

      まあ自分が振動してて気づかないようなこともありますし。

    • by Anonymous Coward

      ブッシュスタートの車はING ONの状態で運転席のドア開けるとピーと近所迷惑な音が出るのが普通だと思ってたんですが、記事読む限り音出ない車もあるという事なんでしょうか。
      あと、ストロングHEVでもない限りアイドルスットップはブレーキペダルから足を離すと再始動するので効きません。

      その仕組みとしては、アイドリングストップ採用の車はマスターバック圧センサーがついていて、それを監視しています。
      マスターバッックはペダルを踏んだ際には内圧の変化は起きず、ペダルから足を離したときに圧力が上がって負圧を必要とするので、停車後ブレーキペダルから足を離すとマスターバックの負圧不足で再始動します。
      普通に使っているときでも、アイドルストップ中にブレーキペダルをさらに強く踏んでから車が動かない程度に戻すと再始動します。

      • by Anonymous Coward on 2018年05月17日 10時13分 (#3409779)

        日産のノート(E12)はPポジションだと、ブレーキペダル開放で放置でも自動的にアイドリングストップが掛かります。

        各社運転席のシートベルト外すとかドアを開けるとアイドリングストップが解除される傾向はあります。
        おそらく駐車場等で利用する想定でアイドリングストップが邪魔になるからだと思いますが。
        逆にボンネットを開けると再スタートしなくなるかOFFになるとかもありますね。

        ブレーキやハンドル角の監視は結構メーカーや車種差があるようで、ブレーキも追加で踏み込んだ場合にも解除されたり、ハンドルの遊び程度でも反応するかと思えば、遊びの範囲を超えて本当に切らないと反応しなかったりと結構差異がでかいですね。

        • by Anonymous Coward

          それ有りになってたのか。 ありがとうございます。
          そうやって再始動のルールを複雑にしたとしても、ブレーキペダルから足離したらエンジン始動のルールは残しておいた方がエンジン停止し忘れでは安全方向に思えるんですけれど、どっちがいいんですかね。

          ボンネット開けたらエンジンOFFだと、ブースターケーブルで電気分けたりもらったり出来ない気が。

          • by Anonymous Coward

            アイドリングストップ中の一時停止をOFFと勘違いして開けた後、再始動時に起きる事故防止機構なので、
            アイドリングストップをOFFにする等してエンジン再始動後にボンネットを開ければ掛かりっぱなしです。
            # 最悪でも、OFFにしてからボンネットを開放状態でエンジンONでOK

            • by Anonymous Coward

              度々ありがとうございます。
              ブレーキペダルから足離したら問答無用で始動でいい気がしてきた。

          • by Anonymous Coward

            ノートe-Powerだと、うまくやればアクセルペダルだけで停止できて
            ブレーキペダルを踏む必要がない場合もあるからじゃね?

            • by Anonymous Coward

              e-Powerって、減速はするけど停止はしないんじゃない?
              アクセルペダル離したら回生ブレーキがエンジンブレーキみたいに掛かるって事じゃないの?

              • by Anonymous Coward

                いや、停止までいきますよ。
                #乗ったことないから伝聞だけど

                「ノート e-power 停止」でググってみなされ

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...