パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

スマートキー車でエンジン停止忘れによる一酸化炭素中毒が起こるリスク」記事へのコメント

  • そういう車はエンジンがかかっていると乗ってて気づかないぐらい静かなの?
    だとするとフィードバックが無くて怖いね。

    • Re: (スコア:5, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward

      記事ではスマートキーが原因となっているけど、本当の原因はアイドリングストップな気がする。
      アイドリングストップ中でも電圧が下がってくるとエンジンが再始動するから、切り忘れて長時間停車しているとエンジンが停止している状態から再始動する場合がある。

      スマートキーでもエンジンを停止するのは車側に付いてるボタンを押す必要があるんだから、普通のキーと操作がそう変わるもんじゃないしね。

      • by Anonymous Coward on 2018年05月17日 14時07分 (#3409929)

        アメリカでは、シャッターもあったりするガレージが多く、
        駐車した状態でエンジンが掛かっていて住宅内にまで一酸化炭素が入り込むそうです。
        #きっとアメリカに住んでいれば、わざわざ書かなくても分かるんだろう。
        #ソース無くてすまぬ。

        なので、この件に関してはやはりスマートキー(エンジンONかわかりにくい)と車の静音性の問題でしょう。
        通常の鍵なら差しっぱなしで判別できるし、アイドリングストップしてなくても静かで気付かないケースがある、
        といったことから、主原因はスマートキーの問題でしょう。
        (アイドリングストップって静音性の程度問題)

        日本でも同じような事例が0とは考えにくいけど、密閉式のガレージが少ないとか、
        住宅の気密性も良くないものが多い、とかの理由で問題視されていないだけだと思う。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          確かに多いかも。
          あと、リモコンで車内から開閉可能でバイザーとかに挟んであったり。

          エンジンONではスマートキーでドアロックはかからないのでシャッター付きガレージだとドアロックしないみたいな運用なんですかね。

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...