パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ドレスデン工科大学がEMドライブを検証、生み出された推力は地磁気が原因?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2018年05月28日 17時57分 (#3415379)
    地球だけが磁気を帯びてる訳じゃないし、磁気は無限遠点まで効果を及ぼす(距離の自乗で弱まるけど)
    太陽磁気や銀河磁気と相互作用する駆動体なら、それはそれなりに使えるんじゃないの???
    • by Anonymous Coward

      太陽系の中でなら良さそうですね
      イスカンダルに行くには別の方法を考えないと

    • by Anonymous Coward

      もうそうなってくると元のEMドライブ理論とは別の原理だから、「星系磁気推進」とか名付けてイチからやり直さないとダメだね。

      • ソーラーセイルに比べるとマイナーですが、太陽や地球の磁気圏を利用する推進装置は既に「マグネティックセイル [wikipedia.org]」という名前で提唱されていたりします。
        Wikipediaによれば1985年頃には世に出ているようで、超電導ワイヤを使ったりプラズマを使ったりとバリエーションもいろいろある様子。
        JAXAや日本の大学も研究しているようなので、その筋では結構定番の技術なのかもしれません。

    • by Anonymous Coward

      推進力が弱すぎるので役に立つかどうか

      恒星間みたいな何にも無いところを果てしない時間をかけて飛ぶ場合は、非常に僅かな推進力でも価値はあるから注目されていた。
      けども、太陽系内みたいな狭いところを飛ぶにはソーラーセイルとかに比べてメリットに乏しいのではないかと。

      仮に引力とかに対して十分に対抗できるだけの磁気推進が可能になったら、人工衛星の寿命を半永久的に伸ばす事ができるのでとんでもない価値を生みます。

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...