パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

鶏卵にがん細胞を注入してがん組織を再現する手法」記事へのコメント

  • そうか、抗がん剤って患者の負担が大きいクスリだったよな。
    それを完全に解消できる手段のわけか、すげえな、鶏さんには気の毒だが。

    • by Anonymous Coward on 2018年06月13日 13時38分 (#3424362)

      負担というか、同じ場所にできたガンでも効く薬と効かない薬があるんですよ。
      (一説には抗ガン剤のヒット率は1~3割とか。いや場所とモノによっては8割以上とかもあるけど)
      その理由はガンの種類の差だったり体質だったり物理的な届きにくさだったり色々なんですが、
      そのうち「種類が違う」というものだけ事前にチェックできるかも、という技術。

      あと抗ガン剤の苦しみはヒットするしないだけじゃない(嘔気・嘔吐・不快感・倦怠感・脱毛なんかはわりと普遍的な副作用)ので、「負担を解消」とはなかなかいかない。
      対症療法というか対副作用療法も増えてきて昔よりはずっとマシにはなってるけど、まだまだ。

      #だから「完全に解消できる」とか言われると心苦しい

      親コメント

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...